2017年04月23日

好きにならずにいられないと素敵なサプライズ

DVDを借りてきました🎬

好きにならずにいられない

いわゆる外見的にはあんまりイケてない大男が、吹雪の晩に奇跡的に出会った女性に恋に落ちるお話。

主人公は髪の毛も薄く、かなりの巨漢‼
でも(…でもっていう言い方は良くないか...)めちゃくちゃ優しいんですねぇ、この主人公は❤
優しいけど大人しくて寡黙すぎるので、まわりの人たちからは結構誤解されたり仕事でも馬鹿にされたりいじめられたり💧

そんな超シャイな男が偶然の出会いから恋をします。
女性ははじめはそれほど乗り気ではなかったものの、彼の誠実さと優しさに親密になっていくのですが。。

うーん、なかなかうまくいかないものです⤵
彼女は心に傷を抱えて、かなりしんどそう。
うつ気味なのかな。

それでも彼は献身的すぎるほどの優しさと包容力で尽くし、精一杯の献身的な愛情を注ぎます💕が、さて二人はどうなるのでしょうねぇ。

公式ページには、コッポラやウーピー・ゴールドバーグらが大絶賛と書かれていますが、私はちょっと重いんじゃないかなと思ってしまいました。
あ、主人公さんの体重じゃなくて💨
でも本当に優しいんですよー。
その優しさに涙します


素敵なサプライズ -ブリュッセルの奇妙な代理店-」

子供の頃の体験から、人間らしい感情を失った大金持ちの男。
唯一の肉親である母親の死去をきっかけに、この世に何の未練もなくなり自殺を図ろうとするのですが、それはことごとく失敗
しかしひょんなことからあの世への旅立ちを手伝ってくれる代理店の存在を知ります。
もちろん非合法

ところがそこで出会った女性に惹かれ、旅立ちの延期を申し出ますが、契約ではキャンセルは不可能とのこと。
皮肉にも死のうと思った場所で、生きる希望を見つけた主人公たち。
殺し屋たちの追求を逃れ、なんとか落ち着ける場所までたどり着きますが。。

ワクワクするようなストーリーじゃないですか
実際、面白かったです🆗
とってもオシャレなブロックコメディ作品という感じ。

想像していたよりドタバタはありませんでしたが、ストーリーにもどんでん返しがあって、もちろん笑いも😃
殺し屋も楽しい(?)面々で、あっという間に観終わってしまいました。
こういう作品はいいなぁ♨

posted by ろーにん at 23:34| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

あけぼの山農業公園へ

あけぼの山農業公園2017041.jpg

千葉県柏市にある「あけぼの山農業公園」に行ってきました。
ここは以前も何度か行ったことがあって、ブログにも載せたことがあったと思います(写真は新しいタブで開くなどで大きく見られます)。

四季折々の花が楽しめて、農業体験やいろんなイベントも楽しめる公園
今は言わずと知れたチューリップが満開になっています

あけぼの山農業公園2017042.jpg

風車にはやっぱりチューリップが似合いますね。
風車は実際に使われてるのかなぁ??
この日は停まっていましたが。

あけぼの山農業公園2017043.jpg

色とりどりの花が青空に映えてきれいでした

ただ残念ながら、ここはペットの入場は不可
コタローも連れて行きたかったなぁ

posted by ろーにん at 21:06| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

午前零時の遺譜

ifam0.jpg


午前零時 -P.S.昨日の私へ

結構前に買っていたのを見つけたので読んでみました💦
オムニバス形式の短編集。

ホラー系かなと思っていたんですけど、そういうわけではありません。
っていうか、全然怖くない。。⤵
そういう意味で期待はずれだったので、あまり心に残っている作品もなく⤵⤵
なので怖いのが苦手な方は良いかも。
私としては、馳星周さんの「午前零時のサラ」がお気に入り🆗
ワンコ飼いには涙です💧


『遺譜 -浅見光彦最後の事件』 内田康夫

私には珍しく、図書館で借りてきました。
といっても借りたのは父ですが。

浅見光彦シリーズ、最後の事件と銘打っています。
シリーズは結構読んでいるので、そういう意味では鉄板の安定感❗

ただ今回の事件、正直言ってあまり推理小説という感じがしませんでした。
殺人事件もあり、謎はあるのですが、いまいちワクワクドキドキ感は湧いてきません。

舞台が東京、京都、神戸からドイツやオーストリアにまで広大なスケールで広がるんですけど、事件の核心に迫るに従って戦争という過去の大きな波に関わってくるからかもしれません。
特に浅見家は高級官僚の家系。
一般庶民には計り知れない問題が争点になってくるので。

それとともに、ついに浅見光彦が結婚か⁉という女性問題も絡んでくるので、光彦ファンはそういう意味で楽しめるのかも。
まぁ、シリーズを読んでいれば、相手は初期に関わったとある女性なのはなんとなく想像できるんですけどね💕
ただ「最後」と銘は打っていますが、あとがきを読むと完全にそうとは言い切れないようで、そこのところはある意味楽しみ、ある意味がっかりという感じにもなります。


今まで買っていたのに読んでない本が結構あるので、しばらくはそういう雑多な本を読んでいこうと思っています。

posted by ろーにん at 00:38| 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

ネタがないのでTwitterより4

本ばかり読んでいてネタがないので、恒例のツイッターです。
あまりにもどうでもいいつぶやきですが。

・真央ちゃん、引退するんだぁ。。悲しいな。本当にお疲れ様でした。
2017.04.10 23:43

・さっき犬の散歩へ行ったとき、近所のアパートからただならぬ嬌声が聞こえてきた。テレビかDVDか⁉︎お疲れさんです。
2017.04.10 23:56

・ふーっ、なんだかんだでやっと寝れる💤ぐっない。
2017.04.12 02:19

・そういえば今夜は月がきれいだった🌕
2017.04.12 02:24

・晴れたほうが嬉しいのだが。
kotaroh20hanami170402.jpg

2017.04.13 00:26

・excellent!

壮大過ぎると反響多数!かつてないスケールでお届けする「ファミマ入店音」が話題 http://www.danshihack.com/2017/04/12/junp/twitter-famima-sf-hollywood.html
2017.04.13 00:30

・やっと昼食なう。青空の下で気持ちいい♪
2017.04.13 14:16

・なるほどね〜(^◇^;)

怖ッ!! 女子の「無敵の合コン秘技」をまとめた動画に反響集まる 最後は衝撃のオチに http://www.danshihack.com/2017/04/13/junp/dolce-kasaneteku.html
2017.04.13 15:07

・前を歩いている老夫婦。手をつないで歩く姿が微笑ましい。自分もああなりたいもんだ。…って配偶者がおらんじゃないか💣
2017.04.15 13:33

・今夕飯を食ったばかりなのに、突然おいちいおいちいハムエッグを食べたくなった。エッグはあるけどハムがない。買いに行くのもめんどいので我慢しよう。
2017.04.15 19:20

・娘に「パパが一番好き」なんて言われたら、その瞬間に奴隷になるだろうな。なんでも言うこと聞いちゃいそうだ。魔物だな。魔物だけど天使だ。そうなりたいもんだ。って配偶者がいないんだった。

パパの好きなものは何? - Y!リアルタイム検索 https://search.yahoo.co.jp/realtime/neta?pid=851657375522054144&fr=rts_twbtn&rkf=1
2017.04.15 19:28


毒にも薬にもならないのが、私のつぶやきの特徴です。
おしまい。

posted by ろーにん at 00:04| PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

お花見ワンワン

八柱霊園1704.jpg

先日、コタローを連れて花見に行ってきました🐶
以前から何度も行ったことのある都立八柱霊園

秋は紅葉、春は桜、夏は…お化け??で一年中まったりできるところでもあります。
この日も結構な人出でした。

コタロー花見1704.jpg

コタローもご満悦😃
人が多くてちょっとビビっているのかも💦
家では我が物顔なのに、典型的な内弁慶👊
でも天気が良くて暖かくて、人もワンコもゆっくりできました♨

八柱チューリップ17041.jpg

チューリップも発見👀
桜の淡いピンクもいいですが、チューリップの赤も瑞々しくていいですね💠

このあともちろん、コタローは爆睡でした💤

posted by ろーにん at 22:47| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

「失敗の本質」を読ん…だことにしよう

失敗の本質.jpg

「失敗の本質」 戸部良一 他

私には珍しくドキュメンタリー本。
というか学術書のようなビジネス書のような戦史ものというか📖

「失敗の本質」というタイトル通り、ここでは第二次世界大戦(特に太平洋地域における日米の戦争。大東亜戦争)における日本の敗戦の原因を考察して、今日の仕事やビジネスや生活に活かそうという趣旨の本であります。

大まかに言うと、大東亜戦争における失敗の本質とは(今だから言えるという部分はありますが)日本軍の敗戦は組織の情報のあり方と共有、古い価値観と間違った統制の執り方ということ。

対するアメリカは三分構成で戦闘隊、訓練、休養という分け方をしていたらしく、休養組は当時テニスとかしていたらしい🎵
すごい余裕ですねぇ👀
それとは対象的に日本はお寺の鐘を供出したり、月月火水木金金という余裕のない体系。
またそれが美徳とされていました。
かつての戦争で効果的だった大艦巨砲主義や白兵戦主義が、大東亜戦争では通用しなくなっていることに気づかないというか、その考えに固執していたのも対応力のなさですね。
その他にも統率部と戦場の目的意識の差異。
過去の英雄の勝ち方のみを重視し、突発的事象の臨機応変さに欠けていたり、上層部に対しての意見が通りにくい体質、海軍と陸軍の対立等など。

現代の社会でも同じような体質がありそうですね。
正直言って、多分こういうことだろうなと漠然と予想したとおりだったわけですが、臨機応変な自己否定と改革スピードが大事だということです。

それにしても本書にもかなり読み難さが多分にありました⤵
第一章から三章までの三分構成になっているのですが、現代を生きる人たちに重要なのは第三章のみ。
第一章は各戦闘の大まかなあらまし。
第二章はその具体的な敗因の説明。

文章も学者然としたものなので(学術書、ドキュメンタリーとしては当たり前かもしれませんが)、なかなか情景が浮かびにくく、更に現代はあまり使われていない漢字のルビも少なく(特に人名とか)、共著の影響か何度も同じことを繰り返していたりと、かなり読みにくかったです💢
何度睡魔に襲われたことか💤

これも失敗のような気がするんだけどなぁ💦
あ、私の理解力が乏しいだけかもしれませんが💨

posted by ろーにん at 20:47| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

かふん症な男

コタロー、爆睡1704.jpg

いつも爆睡しているくせに💤、

コタロー、寝起き1704.jpg

目が覚めて私を見つけると👀、

コタロー、近いっ1.jpg

ぴょこんと膝の上に乗っかってきます💨

コタロー、近いっ2.jpg

近い。。💦

コタロー、近いっ3.jpg

近いんだよ💢

このところ食事にドッグフードとおからを混ぜてあげているので、それでなくても快◯なのにますますう◯この回数と量が激増しています

散歩のたびに大量の地雷を置いていきます💣

ふんが多過ぎ
以上、過糞症な男でした

おしまい。

posted by ろーにん at 00:02| Comment(6) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする