2020年01月22日

しばらくおやすみ

しばらくおやすみいたします。

My Mummy's Dead」 John Lennon

いい曲ですね。

Thanksgiving」 George Winston

thanksgivingというより、thanks givingです。


posted by ろーにん at 23:19| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

寝顔

kotaroh shirtnoue2001.jpg

椅子の上においた私のシャツの上で寛ぐコタロー
うらやましいくらいリラックス

私なんかのどこがいいんだろう。。

いつもどおり、破壊力抜群の加齢臭に気を失っているのかも

でもこいつがいると、なんだかんだいって元気づけられるのです。
コタローには自分しかいないんだからって。

あ、でも私だって癒やされたいし、こんなふうに爆睡したいです。。
ずーっと寝ていたい。
永遠に寝ていたいな


posted by ろーにん at 22:48| ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

好きなものをたくさん持っている人ほど悲しみも増える

白き夏の墓標とつめたいよるに.jpg

少し前に読み終わった本です。

白き夏の墓標」 帚木蓬生

前に読んだ「閉鎖病棟」とは違って、これは冒険小説。
冒頭から外国ですし。

狂言回しでもある主人公が、友人で天才的な一人の科学者の生涯を追う形で物語が進みます。
彼のたどった人生そのものがドラマであり、縦軸となる謎でもあります。
ラストの展開は正直想像を超えるものではありませんが(私がひねくれているからか推理小説をよく読むからか??)、それでも心にズシリと響くストーリーでした。

著者の帚木さんの文体は常に冷静で客観的でありながら、精神科医である知識と患者を見つめる目が優しい語り口。
有り余る才能というか、たとえ専門的な難しい内容の場面でさえも、すんなり頭に入ってくる筆力がありますね。
これは本当にすごいこと。

他の作品も読んでみたくなりました。


つめたいよるに」 江國香織

短編小説というよりショートショート作品かな。
200ページほどに21編の物語が収められているので、ちょっとした時間でも読めます。
事実、私には珍しく前述の「白き〜」と同時に読んでいました。

全体的にファンタジーというか童話というか、現実的というより個々の語り手の心情を綴った感じという印象。
女性らしい繊細な表現を感じます。
私はあまり得意ではないのですが。

本編よりも評論家・翻訳家の川本三郎氏のあとがきがとてもずっしりきました。
好きなものを持っているのは楽しい。好きな人がいるのはたのしい。しかしその喜びはいずれ悲しみに変わる。好きなもの、好きな人はいずれ消えてしまうのだから。だから、好きなものをたくさん持っている人ほど、悲しみも増える

なるほど、そうなんですよね。
楽しい思い出が多いからこそ愛おしいし、それだけに悲しみが深くなる。
深い悲しみを二度と味わいたくないにもかかわらず、それでも愛おしい日々の素晴らしさが大きくて忘れられなくて、また好きになってしまうみたいな。
それが身内なら、その思い出たるや膨大すぎて。

なんだか今の自分には哀しいほど重い言葉でした。


posted by ろーにん at 21:13| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

大洗磯前神社へ

ooaraiisosakijinja20011.jpg

茨城県大洗町にある大洗石崎神社(おおあらいいそさきじんじゃ)に行ってきました。

磯辺の岩にある場所に建ててある鳥居にあたる波しぶきが大迫力(すべての写真は別ウインドで開く等でぜひ御覧ください)

ooaraiisosakijinjai20013.jpg

この磯の岩は神様が降臨された神聖な場所ということで、神磯と呼ばれています。
神秘的ですね。
でも道路沿いにある二の鳥居も大迫力(一の鳥居はかつて神社の境内にあったようですが、現在は県道沿いに建っています)
階段は90段くらい(だったかな??)ありました。

そして何よりこおの神社のご利益は、どんな願いでも叶えてくれるとのこと。
なんて素晴らしいんだ
確かにホームページにも多くの願い事が載っていますね。

ooaraiisosakijinja20012.jpg

風は強めだったけど、天気が良くて潮風が気持ちよかったです。
こんな素晴らしいロケーションなのに、自分はなんで一人でいるんだろう…と

どんな願い事でも叶えてくれるなら、ここはおみくじを引いてみねば!と、久しぶりにちゃんとしたおみくじを引いてみました。


続きを読む
posted by ろーにん at 20:45| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

牛乳あんパンとバッファロー

gyuunyuanpan and buffalo1.jpg

スーパーで開催されていた「おいしいもの市」で買ったパンです。
パンの記事も久しぶりかな。

左は伊豆下田・平井製菓の「ハリスさんの牛乳あんパン」。
右は岐阜・コガネパンの「バッファロー」というパン。

gyuunyuanpan and buffalo2.jpg

あんパンとホイップクリームやミルクやバターの相性は抜群
大好きです
牛乳あんパンはあんとソフトバターを組み合わせたパンで、バターたっぷりの美味しさ
でも全然しつこさがなくて、あっさりいただけます。
リンクでも書いてあるとおり、レンジで軽くチンするとさらに食べやすいかもしれません。

バッファローはフランスパンにバターとグラニュー糖を挟んだシンプルなパン。
私は何も考えずにそのまま食べてしまいましたが、やはり軽くトーストすればもっと美味しくいただけたかも。
これもあっさりしていて、一見多いかなと思ったけどたちまち完食

食べ物が美味しいのは幸せなことですね。


posted by ろーにん at 21:55| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

二日酔い男

kotaroh futsukayoi2001.jpg

コタロー、新年から相変わらずよく寝ています

ほんとによく寝られると感心するくらいで

爆睡というより、二日酔いのおっさんという感じ。。🍺

気持わかるわ〜

posted by ろーにん at 23:32| ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

寝正月男

kotaroh 202001-1.jpg

新しい年になりました

2020年。
なかなか切りが良いというか、20のゾロ目が好感がもてるというか(ゾロ目好き)。

新しい年が来たといっても、このシトは昨年同様、ひたすら寝正月
いや、正月とか関係なく爆睡しています

家の中の一番暖かな場所で、必ず寝ているというか。。


昨年後半以降いろいろバタバタありすぎて、なかなか心身ともに安らぐことができなかったのですが、今日やっと一日のんびり過ごすことができたような気がします

今年はいい事が少しでも多くあるといいとは思っていますが、とりあえず近所の神社に初詣には行ったもののおみくじがないので、Wether Newsのアプリでおみくじがあったのでやってきました。

結果は…


続きを読む
posted by ろーにん at 21:35| Comment(6) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする