2018年07月14日

五歳男

コタロー5歳1807.jpg


暑いですね。。
このところの暑さは異常です。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

先日7月10日、コタローは5歳の誕生日を迎えました

人間で言えば35歳だそうで、そろそろヲジサン...
床屋さんに行ったついでに健康診断をすると、結構な高脂血症で薬と食事療法をしなくてはならなくなりました。
本格的なオジサンだなぁ

おまけにこの時期になると発症する膿皮症で、尻尾の毛をカットしないほうが良いとされて、こんな尻尾に。。
猫じゃらしじゃん、これ

なのにいまだに甘ったれ病は治らず、私の後をついて回ってウザいったらありゃしない

カボチャと豆乳のショートケーキ1807.jpg


で、こちらはその前に買ってあげたカボチャと豆乳のショートケーキ
もちろん犬用

コタローとケーキ18070.jpg


当分こういうものを食べられないとわかっているのか、あっという間に完食

治ればまた1年後にあげるからね。
多分...


続きを読む
posted by ろーにん at 13:10| Comment(2) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

「ミラクル エッシャー展」に行った

escher11807.jpg

上野の森美術館で開催されている「ミラクル エッシャー展」に行ってきました。

escher118070.jpg


入り口間もない場所にモニターが置かれていて、そこで流れているのが「ナイト・ミュージアム エジプト王の秘密」の一場面🎬
主人公が絵の中に入り込んで、そこで敵を迎え撃ちやっつけてしまうシーンなんですが、その絵がエッシャーの「相対性」という作品。
リンクTOPページにも描かれていますし、ネットで画像検索しても見られると思います。
またリンクの「作品紹介」の「錯視」のページにある「滝」という作品も印象的。

このように錯視と幾何学の作品で有名なイスラエルの芸術家エッシャーですが、この展覧会ではそれだけではない彼の非凡な芸術性を確認することができます。

木版やチョーク画やリトグラフのくっきりした線とメリハリのある作風が、今でもポスターや一絵画としても立派な作品であることを再認識することでしょう。

展覧会場での撮影がNGなだけに、これらの作品紹介のページが、点数は少ないながらもとてもはっきりと大きく載っているのが嬉しいです。

私が行ったときは思いの外混んでいて、一つ一つの作品をじっくり鑑賞できなかったので。
バベルの塔」なんて、めっちゃ近代的に見えますしね♪

なお細かい描写が多くて、それほど大きな作品が少ないのと混雑することを想定して、やはりここはオペラグラス等を持っていくことをおすすめします。
また、出口には体験型映像コンテツとして、エッシャーの絵の中に入って自撮りができるコーナーもあります(当然、並んでます)。
私はいい年をしたおっさんなので撮っていませんが

posted by ろーにん at 23:51| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

道の駅こがといちかわへ行った

先日、久しぶりに道の駅めぐりをしてみました。
高速のSAやPA、道の駅が大好きな私であります
やっぱり原付きよりも車のほうがいろいろ行けますし、なにより雨も関係ないし


道の駅 まくらがの里こが

茨城県古河市にできた新しめの道の駅。
古河には何度も行っているのですが、久しく足を運んでいないうちにできたんですね。
「まくらが」とは、枕に残っているその人の香り。
何やら艶っぽいイメーですが、古河は万葉集等にも出てくる地名で、「逢(あ)はずして 行かば惜しけむ 真久良我(まくらが)の 許我(こが)漕ぐ船に 君も逢はぬかも」からつけられた地名だとか。
色っぽいというか、儚いというか、どちらにしてもコタローが加齢臭たっぷりの私の枕で寝ているのとは関係ありません(泣)

道の駅こが1806.jpg


結構広い駐車場が印象的。
清潔感もあって、この日は天気も良かったので露店というか、バッグやら洋服やらのお店が出ていました。

道の駅と言えば農産物。
たくさんありましたよ。
もちろん時間帯にもよるでしょうが、地場野菜は見ているだけでも楽しい。
何でもかんでもやたらと大きなサイズが多くて
新鮮ですしね。

時間帯と言えば、お昼を回ってから来たので、うっかり昼食を済ませてしまいました。
お弁当やパンがたくさんあったので、もったいなかったなぁ

ここで買ったパン。
ベーコンエッグのフレンチトーストととろ〜っとしたカレーパン。

道の駅こがの目玉焼きパン.jpg


フレンチトーストはベーコンエッグパンでもあるので、つい購入。
トースターで温めるとカリッとして美味しさが増しますね。

道の駅こがとろっとカリーパン.jpg


そしてこのカレーパン。
やはりトーストすると名前通り、中身のカレーがとろ〜っとして爆美味
これはまた買いたいな。

他にもいろいろあったので、またぜひ来たいと思います。


道の駅いちかわ

千葉県市川市にできた、まさにできたてホヤホヤの道の駅。
結構実家から近いので、これは何度も行けるか。

道の駅いちかわ1806.jpg


新しい施設なだけに、どこもきれい。
においも新築

おしゃれなレストランとカフェが印象的ですが、レストランはちょっとお高めかな。
カフェはなかなかいい感じ。

物産に関しては、正直って市川感が薄いかも。
千葉県全般って感じかな。
やはり時間にもよるのかもしれませんけど、農産物も少ないような。

これから楽しみということかもしれませんね。

ただ、ちょっと小型車の駐車スペースが少ないかな。
大型車は多いんだけど、これも時間によるのかしらん??

posted by ろーにん at 21:34| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

だうどんに行ってきた

埼玉県民御用達(?)というか、ソウルフードといいますか、埼玉県を中心に関東にチェーン展開している「山田うどん」に行ってきました。
通称「だうどん」。
実家の市内にも何件かあるんです。

ここは広めの道路に面している店が多く、ガテン系の利用者が多いようなので、メニュー全般ボリュームがあるようで

私はカツ丼とうどんのセットにコーンサラダを注文したのですが、普通うどんセットというと小さめのうどんがついてくると思うんですけど、ここは普通の丼で出てきます

山田うどんカツ丼うどん1806.jpg


写真で見ると、若干カツ丼より大きいような。
味は…いい意味で、そこそこかな
いや、特別美味しいわけじゃないんですけど、食べ飽きない感じの味。
うどんは柔らかめです。

メニューにあったうどんとそばの合盛りも、それぞれひと玉づつなので、いわゆる二人前なんですね

私が行ったお店の近くには某相撲部屋があるので、ここに足を運ぶお相撲さんも多いかもしれません

ちなみに今回私が注文したカツ丼とうどんのセットにコーンサラダで税込み930円。
お腹いっぱいです。。

ちらっと聞いたのですが、来月からかな?
山田うどんの名称がちょっと変わるのかも。
山田うどん食堂とか...


家に帰ってきたら、カツ丼のにおいがしたのか、コタローが膝の上に乗って口元をクンクン
ドアップ写真になってしまいました^^;

コタロー、におう1806.jpg


感電したように、毛がツンツンだ⚡

posted by ろーにん at 20:25| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

IT(イット)と2049

DVDを借りてきました。

IT / "それ"が見えたら終わり

スティーブン・キング原作のホラー映画。
これは期待できますね。
邦題は微妙ですが。。

観終わってからの印象は、スタンド・バイ・ミーのホラー版。
リンクの公式ページでは怖そうですが、全然怖くないです。
というより、エンターテインメント作品として、とてもおもしろい映画でした

主演の子供たちが12、3歳ということもあるし、なんだかお化け屋敷を探検しているようなドキドキワクワク感満載で、そういう意味でもスタンド・バイ・ミーを思い浮かべます。
グーニーズも彷彿とさせるかな。
みんなの勇気と友情が試されるストーリー
泣けます

それにしても私も年をとったせいか、みんなが可愛い
特にジョージー君役の子
そのジョージー君が行方不明になったのが事件の発端。
この町には子供に関する事件が多発しているんですねぇ。
そう、敵は子供にしか見えないんです。

で、敵役はペニー・ワイズというピエロの格好をした男なんですけど、このペニー・ワイズすら可愛く見えてしまうのだから、私もほんとに年をとったもんだと実感。。
突然プカプカ浮かんだ風船とともに現れるシーンが多いんですけど、風船といえばピグモンを思い出すのもジェネレーションを感じてしまう

エンディングで「第一章」と出るので、これはまだまだ続編がありそう。
楽しみ


ブレード・ランナー2049

前作ファンの私としては楽しみだった作品。
ハリソン・フォードもライアン・ゴズリングも好きだし。

前作から30年後の世界。
酸性雨と混沌とした街の姿も変わらず、今回はSFハードボイルド的な味付けが印象的。
謎解きの要素を全面に出しているのでしょうか。

2049年の30年前ということは、前作は2019年ごろ。
つまり今現在じゃないですか。
さすがにまだそこまでは進んでないなぁ…という無粋な感想はなしで、やっぱり世界観がかっこいいです

それにしても冒頭でいきなり元WWEプロレスラーのバティスタが出てきたのにはびっくりした。
そういえば退団して俳優になったんだった。
ザ・ロックだって、今はドゥウェイン・ジョンソンとして第一線の役者だもんなぁ。
あ、わからない方はスルーで

人造人間レプリカントと人間の関係は、人と機械ばかりではなくテクノロジーとの付き合い方の問題を提起しているようです。
人のモラルとは何ぞやというか、一線を越えたテクノロジーに対する警鐘なのかもしれません。

なお、公式サイトのトレーラーには今回の2049までの世界を映像化した短編映像「2022:ブラックアウト」(アニメーション)、「2036:ネクサス・ドーン」、「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」が観られます。
物語をさらに深く知りたい方は御覧ください。

posted by ろーにん at 21:14| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

オリエント博物館と夢二展

オリエント博物館1806.jpg

先日、池袋にある古代オリエント博物館に行ってきました。
お得な入場券が手に入ったので

それにしても池袋駅という駅は、昔から東京でも屈指のわかりにくさだと思っています。
某大型カメラ店のCMでも有名な「東に西武で西東武〜♪」というデパートの位置関係だけでなく、大きな構内通路が斜めに2本重なっているのでほんとにわかりにくい
それに加えてJR以外にも西武鉄道、東武鉄道、東京メトロ丸ノ内線と有楽町線も重なっているから、自分がどこにいるのかわかっていないと絶対迷います。
案の定、私も迷子になりました。。
以前来たのがかなり前なので、街の様子も地下街も変わっていますしね。

ただ、古代オリエント博物館はサンシャインシティにあるので、そこは安心。

まず古代オリエントとはなんぞやというと、古代ローマから見て東側に広がる西アジア、中央アジア、そして東アジアの東方世界の文化のことを指します。
有名なシルクロードによって、西と東の物や文化や宗教までもが流通したわけですね。
学校で習ったチグリス・ユーフラテス川、エジプト、インダスの文明も交わって広がるわけです。

それらの時代の発掘物や複製品を展示し、理解を深めるのがこの博物館の目的のようです。

あらためて見てみると、1000年前に安全ピンが作られていたり、印鑑が色んな用途で活用されていたりとびっくりすることがたくさんあります。
アフリカ大陸でホモ・サピエンスが誕生してから、あっという間に文明が発展したんだなぁと実感しました。

ここの入場券がもう1枚あるので、展示物が変わるタイミングで、また行ってみようと思います。
こんどは迷子にならないぞ

そしてもう一箇所。
東京駅1806.jpg

これは東京駅ですが、東京駅丸の内北口にある東京ステーションギャラリーで開催されている「夢二繚乱」。
言わずとしれた美人画で有名な竹久夢二の美術展です🎨

好きなんですよねぇ、竹久夢二の絵。
人の夢と書いて儚い。。
そんな儚げな女性を描かせたら、この人の右に出る人はいないんじゃないかと

美術画家というより、今で言うイラストレーターとかアートディレクター的な作家さんなので大きな絵は少なく、絵はがきや雑誌や絵本、楽譜の表紙サイズの作品が中心なので、点数がとても多かったです。
それに直筆の文字もあじがあるんですよ。

手書きの作品はもちろん、木版のカチッとした色使いも、独特な雰囲気を醸し出しているようですね。
大正ロマンのど真ん中デザインは、ノスタルジックでありながら現代でも新しさを感じるもの。

夢二自身の人生を重ねた新聞小説の「出帆」は、自身の挿絵と相まって胸に迫ってくる儚さを感じます。
夢二の奥さんのたまきさんや、離婚後の最愛の人・彦乃さんが作品のモデルということもあって、絵にも特別な想いがこもっているようですね

やっぱ夢二はいいなぁ。

なんだか幸いなことに、立て続けに美術展の券が当たったので、またいくつか記事にしたいと思います。

posted by ろーにん at 21:52| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

「第7回 東山魁夷記念 日経日本画大賞展」に行ってきた

上野の森美術館で開催されている「第7回 東山魁夷記念 日経日本画大賞展」に行ってきました。

正直、無料の券をもらったからでもあるし、それほど期待していなかった(関係者の方々には申し訳ありませんが...)のですが、時間もあったし天気も良かったので

しかし、観覧してみてまったくそんな考えが吹っ飛びました

日本画といえば、水墨画の幽玄な世界観や線がはっきりしたメリハリのある作風などを思い浮かべていたのですが、初っ端から圧倒

こちらに各作品が載っているのでご参照いただきたいです。

写真が小さいので、これだけでは実感がわかないかもしれませんが、どれもかなり大きな作品なんですよ。
横幅で数メートル。

しかも作風が自由で、まるで西洋画のよう。
日本画についにスマホやファミコン、ライカのカメラまで描かれるようになったのかと

それもそのはず、作者はみなさん私よりお若い
自由な発想と思い切りの良さが衝撃的でもあります。
1円玉を透かして鉛筆で擦って描かれた作品でとかもあったんですよ

考えてみれば、日本画も描かれた当時はその時々の風景ですからね。
こういう現代のマテリアルが描かれていても全く問題ないわけで。

ただ展覧会は5月28日までなので、ご興味のある方はお早めに<
posted by ろーにん at 00:06| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする