2019年06月24日

きれいなおねいさんは・・・好きです…な男

お医者でヘロヘロ1906.jpg

暑くなるこの時期になると出てくるカイカイが出たので、先日コタローを病院に連れて行きました

あんまり痒がっていないんですけど、触ると結構ぼつぼつしていて。。

大好きな車に乗れたのはいいけど、行き先が病院なのでがっかり

おまけにビビりまくりです

でもここの看護師のお姉さんがきれいなので、調子のいいコタローはすぐに甘えて顔を近づけていきます

なれなれしいというか、羨ましいというか。。

そういえば、毎週配達に来てくれるヤクルトのお姉さんも、こたろーは大好き

この方も可愛いので、甘ったれて顔を近づけます。

むむむっ悔し涙。

口はケダモノのニオイがするというのに

少し古い写真ですが、内心はきっとこんな感じなのでしょう

kota kireinaoneisanwoomou.jpg


きれいなおねいさんが好きとは、いったい誰に似たのやら...←逃げる

ということで今回の一曲。

Feeling Good」 Michael Bublé

色気のある曲なんですよねぇ。
曲もマイケル・ブーブレも大好き。




posted by ろーにん at 21:49| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

絵画館と報道写真展と奏楽堂コンサート

チケットとパンフ.jpg

なんのひねりもないタイトルですが、そのままです

神宮外苑の聖徳記念絵画館(いわゆる絵画館ですね)の常設展と、東京都写真美術館で開催されている「世界報道写真展2019」と、先日も行った上野の旧東京音楽学校奏楽堂で行われている日曜コンサートに行ってきました。
スケジュール的に同日ではありませんが。

gaien ichonamiki1906.jpg

青山一丁目駅や外苑前駅から神宮外苑の銀杏並木を通り抜けると、正面に絵画館が見えますね。

 
聖徳記念絵画館1906.jpg

歴史のある建物で、もちろん国の重要文化財。
明治天皇の功績を絵画を中心に展示してある施設といえばわかりやすいかも。
幕末から明治維新という激動の時代、まだ写真も珍しいですからね。
絵画で後世に残すことは重要なことです。
日本画と西洋画に分かれて見られるので、それぞれのタッチの違いが一目瞭然。
どれも貴重な絵画ばかりですが、あくまでも絵画館なので芸術作品でもありますが、やはり教科書に載っているものという印象でした。

東京写真美術館1906.jpg

続いて、恵比寿にある東京都写真美術館へ。

報道写真展は以前も行ったことがあります。
どれもショッキングな写真ばかりで、これはフィクションではない現実と思い知らせられるものばかりでした
戦争、紛争、犯罪。
どんな理由をつけても結局は殺し合いです。
やっぱり子供が被害者、または加害者にもなっている現状は悲しすぎます。
現在の平和な日本で暮らせる幸せを感じずにはいられませんでした。
もちろん悲しいニュースは日本でも起こっていますけど。。

奏楽堂コンサート190623.jpg

そして本日行ってきた、上野にある旧東京音楽学校奏楽堂の日曜コンサート
毎週開催されていますが、第一第三日曜日はチェンバロ、第二第四日曜日はパイプオルガンのコンサートになっています。
私はパイプオルガンが聴きたかったので、今日にしました。
とはいえ、本日の曲ではバイオリンとボーイソプラノとの合奏があったのでお得

曲目も有名なものが多くて楽しめました。
バッハのG線上のアリアを聴くと、大好きな映画「転校生」のワンシーンを思い出して切なくなってきました。
カッチーニのアヴェ・マリアも好きな曲。
ボーイソプラノの小学6年生の名越くんの声には癒やされましたよー
パイプオルガンとバイオリンのおねいさんも可愛かったし(...たぶん←メガネ忘れた)

でも今回一番嬉しかったのは、青山一丁目のホンダウエルカムプラザに展示してあった、この一台かな。
ワイルド7飛葉のバイクcb750four.jpg

ワイルド7のリーダー飛葉大陸のCB750 Four(もちろんレプリカ)。
かっこいい

今日の一曲。
バッハ G線上のアリア

posted by ろーにん at 22:31| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

ゆかりとあかり

yukari akari.jpg

最近ハマっているもの。

三島食品のふりかけ、ゆかりとあかり。

ゆかりは昔からあるしそのふりかけ。

あかりは明太子のふりかけです。

粒が小さいので、おにぎりやパスタにもいいかも。

これは美味い!!

posted by ろーにん at 23:58| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

読了本6冊

books1905.jpg

コツコツと本を読んでいました。

一冊一冊の感想を細かく述べるのは無粋なので、さらっと。


我が家の問題」 奥田英朗

面白い。
以前「家日和」も読みましたが、どこの家庭でもありそうなささやかだけど大きな(?)問題を優しい視点でドラマ化しています。
男と女、大人と子供、いろいろありますもんね。
どれも救いと希望があるので楽しめます。


いつか王子駅で」 堀江敏幸

高校が王子の辺りなので買ってみました。
でも王子はたいして出てこないのでがっくり。
自分が浅草周辺に住んでたからか、下町感もあまり感じられないというか…浅草周辺の下町感は濃厚すぎるからかな^^;
モノローグの中に、突然主人公の回想がはいったり、センテンスがながすぎ。
それが味なんだろうけど、読みにくいです。
ただ意外とスラスラ入ってくる場面も少なくないのですが。
著者はきっと純文学をちゃんと読んでた人ですね。


雪沼とその周辺」 堀江敏幸

こちらは少しは読みやすいです。
素朴な町の生活の中の人々の機微。
過去と現在が交差する老成した文章は相変わらずですが、何気ない生活にもドラマはあるということですね。


仙台ぐらし」 伊坂幸太郎

伊坂さんは天才だ!
宮部みゆきさん級というか。
この本はエッセイですが、もともとは千葉県(松戸市??)出身。
大学あたりから仙台に住んでいるようで、素朴にそこで感じたことが書かれているんですけど、物語のように面白い語り口。
お人柄がうかがえます。


残り全部バケーション」 伊坂幸太郎

やっぱりさすがだなぁ。
章の構成が巧みで、どうつながるのかと思うけど縦横無尽。
稀代のストーリーテラー。
著者の本は犯罪者モノが多いんですけど、かなりいい人も多いんです。
なので安心して読めますよ。


首折り男のための協奏曲」 伊坂幸太郎

これも物騒なタイトルで、首を折って人を殺す男が出てきます。
ただ別々の短編を加筆修正して一冊の本にしたものなので、本来はつながりが薄いものの見事に違和感なく収めてあるという印象。
こうきたか!って感じです。


だんだん蒸し暑くなって集中力が落ち気味の梅雨に入ったので、なかなか本も読みにくくなりますが、ワクワクするストーリーは暑さも忘れてくれますね。





posted by ろーにん at 21:46| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

トレーニングチューブ

training tube1905.jpg

最近、これを使っています。

トレーニングチューブ。

ただ引っ張るだけの筋力ストレッチなんですけど、持ち手や長さや可動方向を変えるだけで、結構いろいろなトレーニングになります。

別にムキムキになるつもりでもなく、ただ身体の衰えの速度を遅くするためのトレーニング。

ちょっとやりすぎて、微妙に腰を痛めましたが、たいしたことないので大丈夫

おしまい。
posted by ろーにん at 22:00| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

栃木行

宇都宮1905.jpg

栃木県へ行ってきました。

栃木県といっても広いですが、以前から行きたい場所があったので、このところの暑さを避ける意味でも良いかなと思って。
写真は宇都宮の街。
田川という川がゆるやかに流れていて、とても美しい街です
こういう景色って大好き。

宇都宮の話はあとに回して、先に行ったのは別の場所。

西方ふれあいパーク1905.jpg

西方ふれあいパーク
ここが本来の目的だったのです…が。。

東北自動車道を北へ走っていると、栃木ICから鹿沼ICの間にこの公園が見えて、すぐ横に思川(おもいがわ)という川が流れているんですけど、通るたびにその川で足をパチャパチャさせたいなぁって思ってたんです

折しもこのところの猛暑が続いていたので、真っ先に思い浮かんだのがこの場所。

早朝にコタローの散歩を済ませてから、愛車レッドアロー3号(軽自動車)ですべて下道を通ってここまで来ました。
下道を通ったのは、急ぐ旅でもないですし、まったり走りたかったわけで。

ところが着いてみてびっくり
この公園からは思川へ出られないじゃないですか
もちろん無理すれば行けますが、思った以上に革の近くが草深くて、おまけにいたるところに「マムシ注意」の看板が。。

ということで、少し休んでから、途中で見かけたもうひとつの公園へGO

つがスポーツ公園1905.jpg

つがスポーツ公園

名称通り、広いグラウンドとテニスコートがあって、当日も草野球チームが試合前の練習をしていました
テニスコートは満杯。

公園案内図を見ると、川の近くなのでここでパチャパチャできるかと思ったのですが、やはり状況は同じく無理っぽい
ただ園内に「せせらぎ水路」「みずあそびゾーン」なるものを発見。
行ってみたら、じゅうぶんパチャパチャできるじゃないですか(ここにも「マムシ注意」の看板がありましたけど)

足パチャパチャ用のサンダルを持ってきたので、さっそくパチャパチャ
おー、冷たくて気持ちいいぞっ。
小さな魚もいるじゃないですか。

いい年のおっさんがパチャパチャやってるのを見られると通報されそうなので(←ばか)、川底の石についた苔でコケるまえに公園をあとにしました

あー、気持ちよかった


続きを読む
posted by ろーにん at 22:26| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

「オリジン」読了

origin.jpg

ダン・ブラウン著「オリジン」を読み終わりました。

オリジン…弁当屋じゃないですよ〜

これまでにも象徴学教授ロバート・ラングドンのシリーズを読んできましたが、今回は結構なボリューム。

『われわれはどこから来たのか、われわれはどこへ向かうのか』というテーマが全体の謎として、シリーズお馴染み(?)の敵から追われつ謎を解く冒険が繰り広げられます。

今までの作品と比べると、最初はちょっとスピード感が失われている印象で、場面転換が多くてなかなか本題に入らないかなという感じ

ただ現代で当たり前に使われているコンピュータやスマホがバンバン登場するところが今までは違って、これまでの歴史と宗教というテーマに彩りをもたせています。

なにせ今回の主人公の相棒は世界最高水準のAIを搭載したコンピュータ

iPhoneのSiriさんやグーグルアシスタントやAmazonのアレクサなんて目じゃないほどの性能。

バビル2世のコンピュータやナイト2000のキットもぶったまげです…たぶん。

そして衝撃の結末

私はなんとなく想像ついてしまいましたが、エピローグのラストの場面は主人公のロバート・ラングドンと同じ気持ちになれてホッとしました。

この作品もきっと映画化されると思いますので、小説を読むのが億劫という方はそれまでお楽しみに


posted by ろーにん at 22:02| 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする