2018年04月12日

クルマ好き男

n-one21804.jpg

新しい車を買ったものの、コタローにはまだこの車は新参者なのかもしれません
一度乗せたのですが、どうもどこに座っていいのかわからないというか、文字通り尻を落ち着ける場所がないらしく、ずっとバタバタしてました

そこで今まで乗ってきた兄の車(スバル・インプレッサ)のドアを開けてあげると、この様子。

青い車が好き11804.jpg

「早くどっか行こうぜー」って顔

やっぱり長い間乗ってる車のほうが安心するんですね。
まぁ、私の車が汚れないので、それはそれでいいのですが

青い車が好き21804.jpg

おねだりキスではありません
眩しいだけです。。

posted by ろーにん at 22:25| ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

3号降臨

レッドアロー3号10804.jpg

先日、我がレッドアロー2号(原付)ことスズキレッツ5Gとの別れを記事にしましたが、それは実を申しますとこの車を購入するきっかけでもあったのです

レッドアロー3号、納車されました

HONDA N-ONEツアラー(ターボ車)。

奇しくも、またもや赤。
あえて赤を選んだわけではなく、中古車なのでこれしかなかったというか、本当は白が欲しかったんですけどね

いろいろ経緯はあるのですが、この車にしようとしたきっかけの一つがこの写真📷

初代スバルR2.JPG


○十年前、父が初めて買った中古のスバルR2。
幼心に、私の記憶にもはっきりと覚えている車です。
当時は福岡に住んでいまして、これで本当にいろんな場所に連れて行ってもらったもので、次の自分の車もこれを彷彿とさせる外観がいいなぁと思っていたので。

まぁ、正直言えば、本当に興味ある車は他にあるのですが、なかなか新しいモデルのインフォメーションがされないので、業を煮やして今回のN-ONEになった次第です。

いや、本当にいろいろな諸事情が重なりまして。。

元々、レッドアロー1号(自転車)もレッドアロー2号(原付)も赤を選んだわけではなく、自転車は赤しかなかったためで、原付も赤がディスプレイ用に店頭に飾られていたので安く手に入れられるということで買ったわけで、今回の車同様積極的に赤い車を狙ったわけじゃないんですよ。
R2も白でしたし。

そんなR2と似ているなと思ったのが、この角度で見た姿。

レッドアロー3号21804.jpg

ケツ…お尻、結構気に入っているんです

ターボ車なので動力性能的にも不満はなく、そもそもターボとはいえ軽自動車の性能に大きく期待をしていたわけではないので、予想を上回る走りに大満足

これで原付よりはかなり遠くへ足を運べるようになりました。
安全運転で、色んな所に行きたいなぁ

どこかの街で、ひょっこり出会うかも

そんなわけで、これからよろしくお願いいたします。

posted by ろーにん at 22:13| Comment(6) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

Long Goodbye-ke

lets51803.jpg

久々登場、レッドアロー2号(原付)

覚えておいででしょうか。
正確にはSUZUKI Let's 5Gという形式の50ccのスクーター

1号の赤い自転車に続いて、私の足となってくれた原付の2号。

この度、一身上の都合により、残念ながら手放すことになりました
あ、壊れたとか調子が悪くなったわけではありません。
毎年12ヶ月点検もしていましたし、実際、現在すこぶる調子がいいです。

50ccながら、10年で24000kmも走り、私をいろんな場所へ連れて行ってくれた相棒。

この人(?)がいなかったら、私の人生の世界観も楽しみも、かなり味気なかったかもしれません(決してオーバーな話ではなく)。

数多くの思い出を残して、新たなオーナーの元で第二のスクーター人生送ってくれることを切望して止みません。
いい人に巡り合ってくれたらなぁ。

lets5 heart.jpg

このヘッドライト、壁とかに向けると、こんな感じでハートっぽく映るんですよ

ありがとう、私のレッドアロー2号



posted by ろーにん at 22:28| バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

ワイルドです

近頃は花粉でやっつけられているので、先日は大人しく家でDVDを借りて観ていました

ディストピア パンドラの少女

いきなり予告編が始まるので注意。

特に、夢に出てきそうなショッキングなシーンがあるので、この映画はあまりオススメできません
じゃ、なんでブログに書くんだってことですが、観ちゃったんだから仕方ない

いわゆるゾンちゃん(私はゾンビのことを昔からこう言ってます...)映画なのですが、ここでは生ける屍というのではなく、ハングリーズと総称される病気の症状として扱われています。
とはいえ、まぁ、確かにお腹を空かして人や動物の肉を食べたがってるんですが。
しかも走って追いかけてくるし。。

ゾンビ役のエキストラの人数がとても多くて、ゾンビメイクをされるのは楽しいでしょうね
ハロウィンでもゾンちゃんに仮装するのが一番人気みたいですし

エンディングはまさにパンドラの箱。
でも一番怖かったのは、エンドロールの曲かも。。


ミッション・ワイルド

あの缶コーヒーのキャラでもお馴染み、トミー・リー・ジョーンズ監督・脚本・主演の西部劇。
ヒラリー・スワンクとのダブル主演かな。
…西部劇…??

ジョーンズさんが老いぼれのガンマンの役で登場するのですが、あんまし強くないみたいで、ほんとに老いぼれ感満載
あ、コメディじゃありません。
それどころかかなり過酷な世界観です。

ヒラリー・スワンクの強くて健気で、でも男からは敬遠される理不尽な縁起も涙を誘います
そして…顎が外れそうになるシーン。。(ネタバレになるので書きませんが)
なんで??
私がデリカシーがないからわからないのか、単純だからわからないのか、バカだからなのか...全部合ってるけど。

ラストは哀愁が漂います。
決して心地よくはありませんけど。

それにしても何気に豪華な出演者が多くて、これはひとえに監督でもあるジョーンズさんの人徳なのかも。


ワイルド・ガン

わかりやすい。
これぞ西部劇の王道といったストーリー。
こういうの大好き

主演のキーファー・サザーランドは海外ドラマ「24」で爆発的な人気となったようですが、私は「24」は観ていないので、相変わらず「スタンド・バイ・ミー」のいじめっ子という印象だったんですけど、今回この作品を観て、いい年のとり方をしているなぁと感心。
昔のアクの強さと言うか、ギラギラした強すぎるイメージよりも、ソフトで大人の表情になっていて好印象でした。
男は奥深さが大切なんだなぁ。

お父さんのドナルド・サザーランドとの共演なのですが、もうそっくり過ぎて微笑ましいったらない
役どころでも親子なので、こういうのって演技しにくいだろうなぁと思いました。
ベテラン同士だからそうでもないのかな。

こういう勧善懲悪的な作品は敵役が強かったり悪かったりしないと成り立たないのですが、ここではマイケル・ウインコットがかっこいい役どころで印象的。
私だけかもしれませんが、なんとなく「人造人間キカイダー」に出てきたハカイダーを彷彿とさせて。

続編が出たら面白いのにと思うんですけど、エンディングを見るとそれもないかなぁとちょっぴり残念です。

あ、吹き替えはもちろん小山力也さん。ジャック・バウワーですね(観てないけど...)

posted by ろーにん at 22:05| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

東京モーターサイクルショー2018に行った

tokyo motor cycle sow20181.jpg
今年も東京ビッグサイトで開催された「東京モーターサイクルショー2018」に行ってきました

巷では、二輪人口が減っているのでは?と噂されているむきもあるようですが、なかなかどうして、かなりの盛況でしたよ
一人ないし二人の移動なら、実は二輪の環境性能はかなり効率的でもありますしね。

tokyo motor cycle sow20182.jpg
数々のバイクが展示されていましたが、左のドゥカティのスクランブラーはずっと注目していました(乗車しているおねいさんではありません)。
かっこいいな(乗車しているおねいさんではありません)。
左から2番目のクロスカブも大注目
自分的には、これがあればどこへでも行けるはず。
究極のバイクは原付二種のカブだと思っていますから。

そして今回最も見たかったのが、参考出品の125ccのカブ(右2枚)
なんといっても原付二種の限界125ccと、チューブレスタイヤの採用
究極のバイクは原二のカブと書きましたが、唯一のネックはチューブタイヤ。
チューブタイヤは作りがシンプルで自転車と同じ構造ですが、なんといってもパンクしたときの修理が手間取ります。
パンクしたら即走れなくなりますし
過酷な条件じゃなかったら、キャストホイールが一番実用的ですから。
普通自動車免許で原二まで乗れるようになったら、マジでほしいです

suzuki fuel cell.jpg
こちらは、ついに登場!?燃料電池バイク。
水素電池バイクです。
トヨタのミライという車と同じかな。
燃料を満タンにするまで3分ほどというところが素晴らしい
遠出をする場合、電気自動車や電動バイクは、こういうところが実用的ではないと思ってます。

さて、熱気ムンムンのモーターサイクルショーの会場を出て、ホッとひと息

続きを読む
posted by ろーにん at 22:33| バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

再び違いがありすぎる男

コタロー床屋18031.jpg

先日、コタローの床屋さんに行ってきました⛽

ここまで伸びるとだんだん前が見えるんかい!?って言いたくなるので、またもやさっぱりと✂

続きを読む
posted by ろーにん at 22:02| ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

祈り

こっちを見るコタロー1803.jpg

コタローと添い寝していると、寝ちゃいけない時間でもつい眠ってしまいます

おかげで寝なきゃいけない時に眠れなくなって。。

でもそんな瞬間が、我ながら落ち着くんだなぁ。
護っているつもりが、本当は護られていたというか。

でもこの顔を見ていると、こいつに守られているなんて、やっぱりちょっとイラッときて否定したくなったりして

ということで、3.11は祈り

Prayer」 Secret Garden

ケルティックな旋律とアレンジが、癒やしと祈りを与えてくれるようです。

posted by ろーにん at 20:58| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする