2009年05月30日

キット・キトリッジ

DVD、借りてきました。

キット・キトリッジ

きっかけはもちろん(?)ジャケットのバセット犬
ブログでお世話になっている、さぶにさんちのたまさぶちゃんと同じじゃないですかグッド(上向き矢印)
役名はグレースなので、女の子というのも一緒ですね揺れるハート
ただ映画の中では大きくストーリーに絡むことはありません。念のため。
もっと活躍してほしかったのに...バッド(下向き矢印)

ストーリはリンクを参照していただくとして、見ていくうちに私の大好きなミュージカル映画「アニー」を思い出していましたるんるん
時代的にも1930年の世界大恐慌の頃。
主人公も10歳の女の子。
ワンコも出てくる。
子供の目線等々。

もちろん今作はミュージカルではなく、冒険のようなおとぎ話のようなミステリーのような。
でもそんなジャンル分けなど関係なく楽しい映画でしたわーい(嬉しい顔)
家族そろって安心して見られる作品。

最近、このてのレンタルビデオで外したことないなぁ手(チョキ)
posted by ろーにん at 11:37| Comment(7) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

松本清張展へ

世田谷文学館2昨日は世田谷文学館で開催されている「生誕100年記念 松本清張展」に行ってきました。

最寄り駅は京王線芦花公園駅電車
渋谷新宿より西にはほとんど行かないので、たまに山の手の閑静な町並を歩くと何となく落ち着かないというか、逆に楽しみにもなったりします。
何せ普段はド下町にどっぷり浸かっているのであせあせ(飛び散る汗)

松本清張といえば社会派ミステリーの草分け的存在であり、いまだに推理小説の第一人者とも言える人ですね。
私は実は長編よりも短編のほうが多く読んでいるような気がします本
有名な「点と線」や「砂の器」などは映画やドラマで見ていますがTV

社会派といわれるのは、作品の背景に常にそのときの時代背景が描かれているからであり、そこに登場人物全員の心の動きが語られているからですね。
客観的な見方の中に、人の情念の深さを思い知らされるような作品が多いように感じます。

デビューが遅かっただけに、まさか太宰治と同い年だったとは知りませんでしたし、それだけに人生経験の豊富さと探求心の深さが清張の武器だったのかもしれません。
故郷である小倉の「清張記念館」には、亡くなった当時の書斎がそのままに展示されているようで、今回の清張展にも間取り図が展示されていましたが、まさに小説を書くための城のように書庫がいくつも迷路のように建てられていることがわかりました。

口癖のように「書くことがありすぎて時間がない」と言っていた松本清張。
亡くなった日と同じ日に動きを止めてしまったという書斎の掛け時計も、どこかミステリーを感じさせました。

落ち着いたら、私も清張の長編を読んでみたいと思います人影
posted by ろーにん at 11:42| Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

再会 明日の神話

明日の神話09-12年前、東京都現代美術館で見た岡本太郎作「明日の神話」。
原爆が炸裂した瞬間を描いた巨大で強烈な作品。

それが渋谷駅構内に展示されることになったことはご存じの方も多いことと思います。

今日、所用で作品の前を通りました。
2年ぶりの再会というわけです。


明日の神話09-2それにしても何度見てもインパクトありますね。
芸術としてもメッセージとしても、これは世界に誇れる作品だと再認識しました。
posted by ろーにん at 21:39| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

音楽モード

Eギターちょっとしたきっかけがあって、私、音楽モードに入りましたるんるん
以前知人に借りたギターで作った曲を完成させようかなぁと。。
いえ、ギターの音も録ったんですけど、「死のエラー」に合って以来、録音していたファイルが行方不明になっていて...パンチ
幸い復活したので、また再開しようかと。
その知人も風の噂で結婚したということらしいので。
こりゃめでたいバー

写真は押入れに入っていた私のギター。
何年も放置していたので音が出るかなぁと思っていましたが、何とか大丈夫そうでした決定

ベースもあるんですけど、出すのが大変なので断念。。ふらふら


エフェクターこちらはギター等につなぐエフェクターと呼ばれる機械。
懐かしい。。ぴかぴか(新しい)
古すぎて一部正常に動作しないものもありましたけど、中にはプレミアがつきそうなものも。
売りませんけどね(笑)

ただこのところいろいろ忙しいので、気持ちは音楽モードでも実際はなかなか作業できないかも。
でも知人には曲を作ると言った手前、何とかがんばってみます。
posted by ろーにん at 00:12| Comment(8) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

すっとぼけくん


悪顔カメラは一瞬の時を止めてしまいますカメラ
久しぶりに実家に帰ってりょうにカメラを向けると、油断していたのか、こんな顔に...もうやだ〜(悲しい顔)

ブサイクだ失恋

欠伸をした直後のむにゃむにゃの顔。。


続きを読む
posted by ろーにん at 10:39| Comment(7) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

説明しなかった(BlogPet)

ろーにんと、説明しなかった?
それでmomoは出演するはずだった。
だけど、きょうぽん太郎がペンギンさんパックンで酒コーナーは感動した?

*このエントリは、ブログペットの「ぽん太郎」が書きました。
posted by ろーにん at 07:51| blogpet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

サムライロック

サムライロックスーパーのお酒コーナーに置いてあったので買ってみました。

日本盛「サムライロック」(音がでるので注意)。

日本酒とライムのカクテルだそうで、商品名だけでなくちゃんとしたカクテルの名前でもあるんですね。
日本酒が苦手な人にも気軽に飲めるお酒でした。
ライムの香りが心地良くて、アルコール度数も7%と低めなので、まるでジュースのように飲めてしまいます(子供はダメよ)。

ただカクテルなので、私にはめちゃくちゃ甘かった!
これをまた日本酒で割ればいいかなと思ったり(笑)
posted by ろーにん at 09:50| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

ムー

1977年にTBSで放映されたドラマ「ムー」のDVD-boxを、兄が買ってきました。

懐かしい〜exclamation×2
全26話9枚組DVDなので、見終わるのに10日もかかってしまってたらーっ(汗)

私は続編の「ムー一族」のアバンギャルドさが印象的だったのですが、「ムー」はきちんと(?)ドラマ性を重視したしっかりした作品ですね。

東京新富町の足袋屋が舞台のホームドラマ。
市井の人たちの悲喜こもごもの日常を楽しく感動的に描いています。
家族愛って、こういうことなのかなって再認識させてくれるドラマでした。

第一回のチョイ役ゲスト、何といかりや長さん!
他の回では志村けんのバカ殿も!
お化けのロックも久しぶりに見ました(笑)

それにしても、出演者が皆若いexclamation←当たり前。
特に伴淳さん、いい味出して最高でしたわーい(嬉しい顔)
posted by ろーにん at 12:29| Comment(14) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

上野動物園へ


上野動物園0905昨日はみどりの日ということで上野動物園の入場が無料の日。
混んでいるのはわかっていましたが、行ってみました。

おろっ、すごい...ふらふら
動物たちより人間を見に来たみたい。。バッド(下向き矢印)
なかなか前に進めないわ、ベビーカーには何度も足を轢かれるわ、そりゃもう大騒ぎ。
わかってはいましたけどたらーっ(汗)

そんな中、ひたすら寝ている動物たち。
特に右下のペンギンくん眠い(睡眠)
まるで実家のコーギーのように爆睡していました犬
他のペンギンたちは起きているのに。

右上のハシビロコウは珍しく座っている姿。
顔、やっぱりデカイっす。
食事中のキリンくんはしっかりカメラ目線してくれましたカメラ


カバくんとにかく大混雑の昨日の動物園。
今回は何故かカバを見たくて仕方がなかったので(何でだろ?)、しばらくずっとカバくんの前へ陣取っていました。
…でも、動かない。。いい気分(温泉)
岩みたいだっ。
右の写真は説明看板より。
こんな姿を見たかったんですけど、やっぱり人が多すぎて水に潜っていたかったのかな。
でも可愛かったです黒ハート
posted by ろーにん at 11:07| Comment(12) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

一緒(BlogPet)

ぽん太郎は一緒するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「ぽん太郎」が書きました。
posted by ろーにん at 07:35| blogpet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする