2011年05月30日

青シャツくんはめげません

りょうTシャツ青1もうひと月以上前に撮ったものですが…忘れていましたあせあせ(飛び散る汗)

実家のコーギーりょうの春夏向けTシャツブティック

もう爺さんなのに、これを着ただけで若返ったような。

でももちろん中身は変わっておらず、相変わらず寝てばかり...たらーっ(汗)

この真剣な目は、もちろんオヤツ狙い。

寝てるか食ってるかうん○しているかどんっ(衝撃)
やっぱりさすが三快大明神(快眠・快食・快便)exclamation


りょうTシャツ青2おっと、買うとき懸念したように、やっぱり袖(丈?)が長い…っていうか足が短い爆弾

ここは母が何とか繕ってくれたと思いますが。

短足犬のウエアは、いつも足の長さがネックになります(何だかまぎらわしい表現)exclamation&question

これでもっと袖が長くて引きずってたら、松の廊下の刃傷沙汰の場面みたいでふらふら

まぁ、最低地上高の低いシャコタン犬は、そこも魅力なんです(今回はひどい言われようだ)わーい(嬉しい顔)

りょうTシャツ青3
でもそんなことはおかまいなしで、やっぱり爆睡中のりょうでした眠い(睡眠)

posted by ろーにん at 00:10| Comment(9) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

大迫力〜!

業平橋のホームからSkytree1105今日は久しぶりに、スカイツリーの最寄り駅である東武浅草線業平橋駅を利用。

ホームからスカイツリーを見上げてみました。

お〜っ。。目

ほとんど真下。

ほんの3年前はこんな状態だったのに(何故か雪景色)。。
当時の感想も「ほんとにここに600mの塔が建つのか」と疑わしいものでした。

それがもうここまでできているとは。
日本の技術はすごいグッド(上向き矢印)




スカイツリー下のビル建築中
スカイツリーの足下のビル群も、現在順調に建設中。

これもある意味今しか見られない姿かもあせあせ(飛び散る汗)

ちなみにこの業平橋という駅、スカイツリーの営業開始から「東京スカイツリー前」とかいう名称に変更するという話があります。
いろいろ賛否両論あるようなので微妙ですけど。

posted by ろーにん at 00:38| Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

今年の花火は

数日前、東京都副知事猪瀬直樹さんのTwitterで書かれていましたが、今年の隅田川花火大会が開催されると正式に決定したようです。

やったーexclamation

やっぱり浅草はこれがないとねー。

今年に限り、有料席を作って、地震の被災地に全額寄付とかすればいいのに。

あ、ちなみに毎年7月最終土曜日に開催されるのですが、今年は準備等の都合もあって1ヶ月遅れの8月27日の開催です。
お間違いなく。

あ、従妹の誕生日だひらめき
posted by ろーにん at 23:24| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

日本への愛情

先日、今、怖い本を読んでいると書きましたが、やっと読み終えました。

おそらく、現在の日本で一番怖い小説かもしれませんがく〜(落胆した顔)

日本沈没』小松左京

まるで今回の東日本大震災を見て書いたのではと思うような描写に溢れています。
巨大地震、港湾の火災、ヘドロで真っ黒になった津波、そして災害に耐える日本人の姿などなど。

それに加えて火山噴火の恐怖、物資の不足、政治や官僚の奔走、各国の思惑。

どれも膨大な資料と知識、そしてそれを凌駕する想像力と筆力に圧倒されました。

特に怖かったのが、富士山が爆発するというニュースが流れた日が3月11日というところ。
物語では翌12日に噴火するのですが、3月11日という日付を見たときは本当に背筋がぞーっとふらふら

作中には小説というより科学や物理学、あるいは政治経済書かと思わせるくらい深く難解な部分もありますが、それは著者の意気込みというか執念というか、莫大な時間と資料を集め分析した結果なのでしょう。

それでも根底に流れているのは、日本人が日本人として日本人であることへの想いと愛情。
日本列島を龍に見立て(似ていますよね)、沈み行く島を龍が苦しみのたうち回り、血を流してあえいでいるいるという表現...胸が詰まります。ぶおーんもうやだ〜(悲しい顔)
自分が日本人だからというのもありますが、やっぱり日本という国と日本人大好きだっハートたち(複数ハート)
いや、どこの人でも好きな人は好きってこと。

私がこの本を読んだのはもちろん今回の地震後ですけど、買ったのはもっと前。
いつか読もうと思っていたうちに東日本大震災が。

もしかすると地震に関して何か知識になることはないかと感じて読み始めた次第です。
でもあまりにも今回の地震を彷彿とさせて、本当に怖くなりました。
あ、もちろん物語は完全なフィクションですよ。

第二部もあるようですが、さすがに読めないなぁたらーっ(汗)

今回の地震といえば、こんな新聞記事がありました。

願わくは、もうこんな災害はなくなってほしいですからね。
科学がすすんでほしいです。


続きを読む
posted by ろーにん at 00:44| Comment(8) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

静かな浅草

三社御輿本来なら昨日から三日間、浅草は三社祭の御神輿が街をねり歩いて大賑わいのはずなんですけど、今年は御神輿自粛ということで、浅草も何となく沈んだ感じにバッド(下向き矢印)

三つの御神輿は浅草神社の境内に置かれています。

考えてみれば、三社の御輿をここまで近づいて見たのは初めてかも。

きれいだぴかぴか(新しい)



アサヒビールと川面きれいといえば、夕焼けを映すアサヒビールのビルと、川面の反射もきれいでした。

このビルはグラスに注いだビールを模しているので、黄金色がいっそう鮮やかに光っています。
西日が直接当たりますからねぇ晴れ

そんな風景を見に、かぽーが隅田川テラスを歩くんだろうなぁムード

…って思ってたら、やっぱしどんっ(衝撃)








吾妻橋夕景1105ここはちょうど水上バス乗り場になっています。
もちろん乗らない人も自由に立ち入れますよ。

すっかり日も延びたし、夕涼みには格好の場所です。

普段はこの赤い欄干の吾妻橋を渡っているので、こんな角度から眺めるのは新鮮。
ちょっと別の街みたいで。

そんな感じで(どんな感じ??)少し隅田公園内を歩いていると…

隅田公園謎の物体2
おろっ、少年の首がないexclamation×2
っていうか、何かにめり込んでるがく〜(落胆した顔)

と思ったら。。


続きを読む
posted by ろーにん at 21:20| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

土鍋ご飯

土鍋ご飯この夏は節電が大事ということなので、昨日は試しに土鍋でご飯を炊いてみました。

ネットで検索して、あとは運任せか!?と思いきや、意外とうまく炊きあがりグッド(上向き矢印)

ちょっと水加減が足りなかったのかかためにできあがりましたが、これくらいなら許容量。
次からは経験値を生かして美味しくできそうです決定

土鍋で炊くと、やっぱり遠赤外線効果があるのか、甘みが増すような感じに。
香ばしさもあって、お焦げもできます。
100円ショップの土鍋でもこれだけできるんだなぁ。

難点は、タイマーを忘れないことと、結構付きっきりになりやすい事かな時計
でもそれは慣れでどうにでもなりそう。

節電は大切ですが、辛くて続かなかったら意味ないですからね。

ちなみに今日の夕食は吉野家の牛丼exclamation
久しぶりに食べた。
大きめの分厚い玉ねぎが入っていて美味しかった〜レストラン

週末は、今度は松屋へダッシュ(走り出すさま)
posted by ろーにん at 23:42| Comment(5) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

海を抱きしめて

稲毛海浜11051今日もからっとした気持ちの良い天気晴れ

こんな日にどこにも行かないというのも損をしたような感じになるので、昨日の宣言通り、稲毛の浜に行きました。
本当は、昨日歩きすぎて足が痛かったんですけどねふらふら
お灸をして治しました。

でも行って良かった〜。
風も気持ちがいいし、日差したっぷりで日向も日陰も苦にならない陽気リゾート
なかなかないですもんね。

私が行ったときはやたらとヨットが浮かんでいました船
稲毛海浜公園にはヨットハーバーもあるので、その競技か練習なのか、とにかくたくさんのヨットが波しぶきをあげて疾走。
思ったよりもずっと速いスピードなんですね。

ワンコ連れも多数犬犬犬
嬉しいだろうな。

昼は砂浜で、コンビニのおにぎり♪←安上がり。でもこれが美味しいんです。
そのうち、私の隣にお弁当を持ってきたかぽーが。
すると二人の前で、散歩中のシェパード犬が突然うん○爆弾
あ、目の前というわけじゃないですよ。
何となく、お弁当がお便当に(爆)

午後になると満ち潮と相まって風も出てきて、波も高くなってきました。
海は刻々と表情を変えます台風

稲毛海浜11052東日本大震災の影響は、この公園にも傷跡を残していましたがく〜(落胆した顔)

二輪の駐車場の半分や芝生広場、ビーチセンターの建物などは、液状化の影響で地割れや陥没が至るところに。

特に液状化で浮き上がった土砂の量は想像以上(左上の写真)。
人工の砂浜だから仕方ないかな。
早く元通りになって欲しいです。

上のリンクより公園の情報が確認できます。
地震の影響がマップになっていますので、ご参考を。

ここ、お気に入りの公園なので。


続きを読む
posted by ろーにん at 22:07| Comment(9) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久々来た海!

13054234099480.jpg稲毛海浜公園に着きました。

久しぶり。

結構人が多いです。

地震の影響が多々ある。。

よーし、まったりするぞ!

posted by ろーにん at 10:40| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

上野東照宮へ

上野東照宮1105

今日は五月らしい気持ちの良い一日でした晴れ

そこで今日は、前々から行こうと思っていた上野の東照宮へ行ってきました。

東照宮といえば日光、静岡久能山とここ上野にあります(あ、調べたら他にもあるのですね。失礼)。
お祀りしているのは東照大権現こと徳川家康公。

参道は深い木々に覆われて涼しげ。

世界中から参拝者が訪れるのか、絵馬には英語や韓国語で書かれたものも。

灯籠が異常にたくさんありましたが、どれも諸大名が奉納したものだとか。圧巻。。
右下は平和の火。

広島と長崎の原爆の火を、ここにも灯しました。
東京も空襲と関東大震災で焼け野原になりましたからね。
東照大権現は、まさに日本の守り神となったわけです。

いうことで、なかなか平穏な日が訪れない昨今の日本の平和を祈ってきました。

ところが…。

上野東照宮唐門もどき
ありゃ、見所の社殿、唐門、透かし塀が見事に修理中。。爆弾

これ、唐門を写した工事幕です。
ムムム、無粋だむかっ(怒り)

ホームページにも載ってないのに。
他で検索すると、どうやら平成25年まで修理工事が行われるとか。

まぁ、仕方がない。
そういえば、中学生の修学旅行で行った奈良の大仏殿も修理中だったような。←遠い目ー(長音記号1)
こういう巡り合わせなのね、きっともうやだ〜(悲しい顔)


続きを読む
posted by ろーにん at 21:20| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

卒業って!

先日、ファミレスで隣のテーブルになった子供の会話。

お兄ちゃん、9歳か10歳くらい。
妹、6、7歳くらい。

妹が何を食べるか考えていて、結局お子様ランチに。

すると、お兄ちゃん。
「おまえ、そろそろお子様ランチは卒業しろよー」

ぷぷぷ!
思わず吹き出してしまいました。
飲み物飲んでなくて良かったぁ。

お子様ランチ、今食べなくていつ食べる!?(笑)

ファミレスや電車などの人ごみの中では、私はこうして他人の会話に耳を傾けています(聞き耳をたてているわけではない!)。

なかにはムッとする会話や「んな、あほな」って話もありますが、これが市井に生きている人の生の声。

ちょっとしたシアワセです。

by スマホより
posted by ろーにん at 13:29| Comment(8) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

「新しい人生のはじめかた」を見た

昨日の続きのお話。
最後に借りてきたDVDはこれCD

新しい人生のはじめかた(トレーラーが流れるので注意)」

芸達者なベテラン俳優の主人公二人の演技が素晴らしいぴかぴか(新しい)
脚本もロンドンのロケーションも音楽もいいですよ〜。

「Enter the Site」から入って、サイト下の方の「COMMENT」をクリックしていただければ、いろんな方のコメントが見られます。
私の感想よりも、そのほうが的確かもわーい(嬉しい顔)

ある程度年を重ねると、(好むと好まざるとはいえ)人生のいろんな部分が見えてきて、夢や希望も現実の前には妥協の連続になったりします。
誰もがそう。。

そんな人たちのためのおとぎ話というか、人と出会うことの大切さをもう一度後押しさせてくれる映画でした黒ハート

ちょっとしたことでも、思い切って一歩踏み出せば、もしかしたら違ったフラグになっているかもしれません。
人は誰でも、最初は偶然の出会い。
近所に住んでいたり、同じ学校に行っていたり、同じ会社や仕事のつながりだったり。
ちょっと違う選択をしていたら、まるっきり違う人生になっていたかもしれませんからね。

エマ・トンプソンの等身大で飾り気のない自然な演技はさすが。
最後のダスティン・ホフマンのセリフもいいなぁ。

心を洗われて前向きになれる、大人の映画でしたカチンコ
そう、ある程度年を重ねてないとわからないかもムード
でもそういう物語だって、あっていいですよねるんるん
posted by ろーにん at 00:22| Comment(7) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

GWはDVD

GW後半もあと1日もうやだ〜(悲しい顔)
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

DVD、借りてきましたCD

宇宙戦艦ヤマト 劇場版

福島の原発のニュースはいつも頭の中によぎりますが、放射能、どうにかならないかなぁと思ったときに思い出したのが「放射除去装置」。
イスカンダルに行けば放射能が除去できるじゃんexclamationということで借りてきました。←バカ爆弾

いろんな宇宙戦艦ヤマト作品が出ていますが、やっぱり突き詰めるとテレビシリーズか劇場版のこれになります。
いいなぁ、ヤマト。
沖田艦長、かっこいいぴかぴか(新しい)

要するにテレビシリーズのダイジェスト版でもあるわけですが、今見ても設定がしっかりしていますし、音楽も秀逸。
見始めてすぐに昔見た感覚が蘇ってきましたグッド(上向き矢印)

当時は波動砲かっこいいexclamationとか、ワープすごーいとかしか思いませんでしたが、物語の軸はいろいろ考えさせられるものですね。
それぞれの生きる意味とか共存とか。

それは古代進のセリフに集約されています(うる覚えむかっ(怒り))。
「僕たちは子供の頃から勝つことばかり教えられてきた。でも勝つ者もあれば負ける者もある。負けたものは幸せになる権利はないのか? 僕たちがやらなければならなかったことは戦う事じゃない。愛し合うことだったんだ」

続いて2作品め。

ザ・エッグ〜ロマノフの秘宝を狙え

うーん、予想とは違ってちょっと残念バッド(下向き矢印)
もう少しドキドキワクワクとニヤッとするようなストーリーかなと思ったんですけどふらふら

モーガン・フリーマンは大好きな役者さんですし、アントニオ・バンデラスはとにかく何もかもが濃いー(長音記号1)exclamation×2役者さんですが、他の人でも良かったかなぁ。

ただ盗みのシーンはなかなかでした。
私はシンプルなほうが好みですけど、最近の泥棒はやっぱりITも熟知してないとだめですねぇあせあせ(飛び散る汗)

もう1作品借りてきましたが、それはこれから見ますね。

ということで、続く...
posted by ろーにん at 20:52| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

少林寺へ行った

少林寺 寄居

まず、タイトルをご覧になって、私が中国まで行ったと思った方、ごめんなさい。

昨日は埼玉県寄居町の少林寺に行って来ました。

その日のうちに記事を書こうと思っていましたが、あまりにも疲れたので今日書きましたたらーっ(汗)

ここは○十年前に行ったことがあって、とても素朴で静かなお寺という印象が心に残っていたので、ぜひまた行ってみたいと思っていたんです。

写真をご覧になっても、素朴さがおわかりになるかもしれません。

本堂には賽銭箱と御守りなどが並べてあって、お坊さんの姿は見られません。
○十年前もそうでした。
全然変わってないなぁ。
隣に家があるのでいるとは思うんですけど、御守り等の代金は「お賽銭箱に入れてください」という貼り紙だけ。

まわりは深い緑に囲まれています。

私が行ったときは近くを通る秩父鉄道のSLの汽笛(期間限定、基本は土日)やウグイスの声が、まわりの山に囲まれてエコーがかかったように心地よく聞こえていました。


続きを読む
posted by ろーにん at 12:44| Comment(9) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

ウサギとカモ

昨日の記事の続きです。

寄り道したのは、以前も行ったことのある調神社

調神社1104

ここの雰囲気も好きなんです。

何だか落ち着く〜いい気分(温泉)

去年行ったときは、神楽殿に大きな寅の絵馬が飾ってあったので、今年はやっぱりウサギの絵馬が。
ウサギ尽くしの調神社、これでパーフェクトわーい(嬉しい顔)


そして最後に立ち寄ったのは、足立区舎人にある舎人公園
舎人と書いて「とねり」と読みます。

広くて快適な公園。
池あり芝生の丘あり、木陰も多いしもちろん遊具もある。
まさに家族やかぽー、そして今回の私のように一人でもまったりできる空間です。
ワンコも決定
駐車場は有料ですが、原付は無料。
おべんと持って、1日中遊べますグッド(上向き矢印)

いつものように(?)MP3プレイヤーで音楽を聴きながらベンチに座ってぼけーっとしていると、隣のベンチから強烈な視線が目
いつの間にか、散歩中のゴールデンレトリバーがお座りをしたままこっちをロックオン犬
思わず二度見しちゃいましたわーい(嬉しい顔)

すぐにワンコが行ってしまったので、池の畔のベンチに移動。
またまたぼーっとしていると、何やら変な鳥がこちらへ泳いでくる。

何だ??と思っていたら。。


続きを読む
posted by ろーにん at 00:08| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

文殊寺へ

本当は昨日(もう一昨日か)アップするつもりだったのですが、疲れがとれなくて今日になってしまいました。←年には勝てんバッド(下向き矢印)

当日の総走行距離156km。家を出てから帰宅するまでの時間9時間20分。
東京から埼玉県熊谷市は、原付ではさすがに遠い。。どんっ(衝撃)

でも行って来ました。

文殊寺

文殊寺1104

三人寄れば文殊の智慧で知られる文殊菩薩のお寺。
日本三体(三大ではない)文殊菩薩のお寺だそうです。

参道には朱塗りの仁王門、二階建ての鐘楼門、そして本堂が一直線に並ぶ荘厳な禅寺と言った趣。
実際、曹洞宗のお寺です。

私が行ったときはほとんど人気もなかったので、しーんと静まりかえった境内はピンと張りつめたような空気。
でも嫌いじゃないです。
頭がスカッと晴れるような爽快感。

本堂の裏手は鬱蒼とした森に包まれて、夏は涼しそうだなぁとか雪

文殊の智慧ということで、受験のお参りに来る人が圧倒的みたいです本
絵馬には学業成就、就職祈願、資格合格の願いがいっぱい。
三枚目の写真は、本堂内に納められた千羽鶴の数々。
御利益ありですなぁ目

ただ、そもそも文殊の智慧は生きるための智慧(知恵ではなく)だから、勉強だけではないと思うのですが。。
まぁ、この際細かいことは抜きで、私も生き抜くための教えを蒙りたくお参りしてきましたわーい(嬉しい顔)

おかげで、行きは道を間違えて大回りをしましたが、帰りは小回り程度で済んだ次第です。
…って、やっぱ迷子になってんじゃん。←学習能力ゼロパンチ

文殊寺仁王

仁王門の仁王さんはなかなかの迫力exclamation
見た目というより雰囲気が。
「こいつは智慧なさそうだなぁ」とか見抜かれていたかもふらふら


続きを読む
posted by ろーにん at 00:34| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする