2012年02月29日

外は白い雪の夜…?

今夜はまたもや東京で雪が降るようで雪

もうすぐ三月だというのに。。

イタチの最後っ屁のように、これがこの冬最後の雪だったらなぁ爆弾←下品パンチ

東京でこれだけ降るのは珍しく、これをみても寒い冬だということがわかります。

閏年ということで、二月も二十九日目。

明朝の交通機関を気にしつつ、こんな曲を聴きながら眠ろうかな眠い(睡眠)

たまにはセンチに。。失恋

「外は白い雪の夜」 吉田拓郎



歌詞、泣けてきますもうやだ〜(悲しい顔)

大人にならないとわからないだろうなぁ。

ある意味、わかってきた自分が嬉しいような。

リンクのYouTubeのコメントも、どれも納得です。

posted by ろーにん at 00:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

読書に凝る

年に何度かある読書病(??)真っ最中です本

虐殺器官」伊藤計劃(いとうけいかく)

タイトルからしてインパクトありますね。
書評や書店などで人気が高いようだったので読んでみたかったのですが、先日古本屋で105円で売っていたので即買い。
ラッキーexclamation

近未来SF軍事小説とでも言いましょうか。

作者さん、かなりたくさんの本、特に海外小説を読まれていたでしょうね。

いろんな文献も数多く目を通して、その上で近未来の科学と戦争と世界観を作り出していたのでしょう。

難しい軍事用語や科学用語も出てきますが、決して難解な言葉で書かれていないので、思った以上に読みやすかったです。

映画もたくさん観ていただろうと思われ、物語をイメージしやすいところもいいな。

読みにくいと感じるのは、かなり海外小説的に書かれている表現。
そして一人称で語られているところ。

一人称の小説って、やたらと心の動きが描かれているので、読み手とすればそれはこちらで想像したいところなんですよね。

それにしてもこれだけのストーリーをたった十日で書き上げたというから驚きー(長音記号1)

作者さんには時間がなかったから、ただでさえ筆が速いのに、更にストーリーを早く仕上げたかったのかもしれません。

伊藤計劃さんはこの作品を完成させてから3年後、38年というあまりにも短い一生を終えられましたもうやだ〜(悲しい顔)
ご存命だったら、末恐ろしい作家さんになられていたでしょうね。

あらすじを読んでもわかりにくいので、読もうとされる方はあらかじめwikiページを見ておいたほうがいいかもしれません。


続きを読む
posted by ろーにん at 23:19| 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

浅草のおキツネさん

被官稲荷神社1浅草の神社仏閣というと、観音さんを奉る浅草寺や三社さんで親しまれている浅草神社を思い出しますが、実はもう一社あるんです。

浅草神社裏にある被官稲荷神社(ひかんいなりじんじゃ)。

詳細はリンクをご覧下さい。←相変わらずの手抜きどんっ(衝撃)

実は私も今年に入るまで知らなかったりして...パンチ

浅草の町の賑わいとはうってかわってひっそりとしていました。

160年近くも前に建てられていたのですねぇ。
しかも空襲でも焼けなかったというから驚きexclamation
下町はほとんど焼け野原だったというのに。

お稲荷さんだけあって、商売繁盛や出世のご利益があるということで、実は近しい人のことを頼みにいったわけです。

それがひと月前。

で、詳しくは聞いていないんですけど、結果的にその御利益があったみたいなので、今回はお礼参りに行きましたグッド(上向き矢印)


続きを読む
posted by ろーにん at 18:40| Comment(7) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

新しっ!

兄のnewケータイ2012
兄がやっとこさケータイを替えました(写真下の黒いほう)携帯電話

以前も記事にしましたが、さすがにDocomoのmovaが来月使えなくなるので機種変更したわけです。

これまでのはi-modeはおろかメールすらできなかったのが、これは結構新しい機種のようで。

なのでただ今ケータイメールの打ち方をもう勉強中mail to
たった2行ぶんのメールに20分近くかかったとか爆弾

通話って緊急性はあるんですけど、どうでもいいことだと相手の時間を奪っているわけでもあるわけで、これで少しは普通の人間並みの感覚になれそう。

やってみれば便利なのに、自分の兄ながら変人さに呆れるほどですパンチ


posted by ろーにん at 21:36| Comment(6) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

十五夜…十五の夜

今日はりょうの誕生日犬

生きていたら15歳。

で、今夜はりょうの十五の夜。

尾崎豊ではありませんが爆弾

おそらく、これがりょうの最後の動画映画
何てことはないし、古い携帯で撮ったもので画面も歪んでいますが。

先日調子が悪くなった外付けHDDに残っていたものです。

ほんと、りょうの動いている姿を見るとせつなさ炸裂。。

思い出の中のりょうは、いつもこんなんですけどあせあせ(飛び散る汗)




posted by ろーにん at 22:50| Comment(6) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

寒いけど気持ちいいかな

今夜はパンイチで寝る。

シーツの肌触りが気持ちいいなぁ。

でも寒いっちゃぁ寒い。。

芋焼酎がポカポカ温めてくれるけど。
posted by ろーにん at 23:58| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

28...

珍しく、ホラー映画を観ました。
ゾンちゃん(ゾンビ)ものどんっ(衝撃)

28日後...

28週後...

私が今まだに観た映画の中で一番怖かったのは、テレビで観たクリストファー・リーの「吸血鬼ドラキュラ」と「エクソシスト」なんですけど、ゾンちゃんでは1978年作の「ゾンビ(Dawn of the Dead)」が一番インパクトが強かったです。

今回観た2本は、それまでのゾンビ映画とはちょっと違って、何とゾンちゃんが走りますダッシュ(走り出すさま)
しかも全力疾走で追いかけてきます。
生きてるときより必死なんじゃないかと思えるくらいマジの鬼ごっこ状態グッド(上向き矢印)

正確にいうと、彼らはゾンビではなく、まるでゾンビと同じような症状になるウイルスに感染している人たちで、感染したら20秒そこそこでゾンちゃんになってしまいます。
ぽんぽんが痛いとか注射が怖いとか寒い季節にバイクに乗ってトイレが近くなるとか…あ、それは私か。。爆弾
とにかくひたすらにお腹が減っているのか、やたらと正常な人間を襲います。
しかも結構しつこい。
…タチが悪いですねパンチ

でも、あまり怖くはありませんでしたバッド(下向き矢印)

というより、どうしてこう集団の中には厄介なことをや余計なことをしたがる人間がいるんだろうと、ちょっと怒りにも似た感情が残ったりちっ(怒った顔)
集団の中で、必ずこんな感じでやっちゃいけないことをするかなぁっていうかあせあせ(飛び散る汗)
まぁ、映画のストーリー上、こういう輩がいないと話が進まないからなんでしょうけど。

でも走るゾンビって、昔、夢の中で見たことあるんです。
夢の定番として、そういうのに追いかけられたり。

でも私は夢の中では無敵なので、結局助かるんですけどねいい気分(温泉)

ということで、この映画を観て夢に出てきそうだなと思う方は、きっと観ないほうがいいでしょうね。←当たり前か眠い(睡眠)


posted by ろーにん at 00:09| Comment(8) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

SUPER 8を観た

先日、tsutaya会員更新の際、DVDを1本無料で借りられるということなので借りてきました。

SUPER 8」(トレーラーが流れます)

制作のスピルバーグの直球って感じの作品。
「未知との遭遇」と「スタンド・バイ・ミー」と「グーニーズ」を合わせたような映画でした。

ちなみにSUPER8とは8ミリカメラ(フィルム)のころ。
子供たちが作っていた8ミリ映画に、偶然謎のモノが写ってしまうというがく〜(落胆した顔)

子供時代の冒険て、こんなに壮大じゃなくても、今思えば大したことじゃないように思えることでもワクワクしましたよね。

私も小学3年のとき、とある公園の横にあった大きな下水管に入って、得体のしれないモノに遭遇したことあります。
ウーって低い唸り声を上げて、目が光って。
追いかけられそうになったから必死で逃げたけどダッシュ(走り出すさま)。。あれは何だったんだろう??

最近の子供は冒険ってしませんからね。

まぁ、秘密基地とか作れる場所がなくなっているから仕方が無いかもしれませんが、それは大人のせい。

それでも私達の時代なら、遠くまで行って、知らないところを探しに行ったりしたんですけど。
怖い思いをして、痛い目に遭って、いろんなことにワクワクしていました。
暗くなるまで遊びすぎて指先がかじかむって感覚、わかるかなぁふらふら
そんなことを思い出させてくれる作品でしたよるんるん

そうそう、作品中に作った子供たちの映画も結構面白かったですわーい(嬉しい顔)
エンドロールは最後まで見てくださいね。

ヒロインの女の子、とっても存在感があるなと思ってたら、ダコタ・ファニングの妹さんだったんですね〜揺れるハート
観てはいないけど、英語版の「となりのトトロ」でメイの吹き替えやっているとは@@

お姉ちゃん同様、大事に育って欲しいなぁ。

posted by ろーにん at 20:01| Comment(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

大相撲トーナメントへ

大相撲トーナメント1202051
入場券が安く手に入ったので、今日は両国国技館で行われた「第36回大相撲トーナメント」を見に行ってきました。

相撲を見るのは久しぶり。
本割ではありませんが、トーナメント結果によっては同部屋対決もある、ちょっと独特な取り組みが特徴です。

お相撲さん(力士)自体は、住んでいる場所柄よく目にするんですけど、土俵の上で見るとやっぱり迫力があるしかっこいいexclamation
まわしなんかも、テレビで見るよりずっときれいですよ〜ぴかぴか(新しい)

大相撲トーナメント1202052
席は最初、3000円の椅子席だったはずなのですが、当日の都合で何とマス席に変わりました。
券には11000円って書いてあるexclamation×2
しかも1F向正面中程の席。
ラッキーグッド(上向き矢印)
…と思ったものの、実は相席。。バッド(下向き矢印)
知らない人2人との大人4人でこの席はちょっと狭い。
相撲協会の皆さん、時代錯誤ですよパンチ

でも取り組みは迫力ありました。
本割ではあり得ない、次の力士に水をつける横綱白鵬とか、番付的にはなかなか実現しない取り組みもあったり。

ご近所なのでたまに町で会う高見盛関はさすがに人気がありますし、新大関の琴奨菊や稀勢の里も場内を沸かせてくれました。

初っ切りの楽しさも、本場所では見られませんしねわーい(嬉しい顔)

結局、幕内優勝は横綱白鵬。
「呼び戻し」とか「掴み投げ」とか、なかなか聞いたことないような珍しい決まり手も。
さすがでした。

いろいろ問題も取り沙汰されていますが、やっぱり相撲は楽しいです。
もっともっと盛り上がってほしいなぁ。

posted by ろーにん at 21:42| Comment(7) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

ノンアルシネマと恵方巻

またわけわからんタイトルにしてしまった。。爆弾

恵方巻2012
今日は節分。
明日は暦の上では春ということにかわいい
それにしても寒すぎる日が続いていますが、みなさん、お風邪など召していませんでしょうか。

節分というと豆まきですけど、ここ何年かは豆まきよりも恵方巻を食べるのが恒例になってしまいました(豆まきは後片付けが面倒だし)。

今年の恵方は北北西。
私も方位磁石を使って、きっちり北北西に進路をとって食べたですよレストラン
一人、黙々と。。
これだけじゃ足りないから、マクドでマックポークとポテトのLとメープルカスタードパイもるんるん
妙な組み合わせだけど。。美味しかった〜。←食べ過ぎた。。パンチ

ついでといってはなんですが、ドリンクはこれ。


続きを読む
posted by ろーにん at 21:02| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする