2014年05月30日

「幽霊男」…を読んだ

このところ時代劇ばかり読んでいたので、少しずつ現代に戻ってこなければと思い、かといっていきなり現代小説だと感覚が変に(?)なるので、ワンクッション置いて昭和のお話を読みました。

といっても、いつもの横溝作品。

「○○男」と書くと、最近はコタローの話題に使うタイトルなので、ここは誤解のないようにカギ括弧をつけましたわーい(嬉しい顔)

幽霊男」 横溝正史

表紙は現在のリンクとは違うのですが、私が持っているのは古い表紙。

怖いと思う方がいらっしゃるかも知れないので、追記に載せますね

続きを読む
posted by ろーにん at 22:24| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

夜遊び男

コタロー、夜遊び1405.jpg

寝る前にトイレに行かせるために、コタローは夜散歩に行きます夜

日によって若干ずれるんですけど、私が実家へ行ったときはエキサイトするのか、23時過ぎでも目がらんらんとしていることも目
まだ子供のくせに、夜遊びが好きな男たらーっ(汗)

仕方なく私が連れて行くんですけど、今の時期、夜の散歩は正直涼しくて気持ちいいいい気分(温泉)
コタローなら尚更かな。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、LEDで光るペンダントをつけていますぴかぴか(新しい)
車を運転している人にも、これで少しはわかりやすいかなと車(セダン)

これから熱帯夜とかになったら、コタローより私のほうが辛いなぁ。。バッド(下向き矢印)

おしまい。

posted by ろーにん at 22:10| Comment(6) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

コタロー、水元公園へ行く

コタロー、水元公園1405.jpg

これまでも何度かブログに載せてきた、東京葛飾区の水元公園へコタローを連れて行きました

ここは23区で一番大きな公園ともいわれているので、ワンコは大喜び

園内にはドッグランもあるのですが、登録制のようなのでコタローは園内散策のみ。

それでも十分広いから大満足のようでした

本当はコタローのおもちゃも持ってきて、思いっきり走らせたかったんですけど、肝心のおもちゃを忘れた上に、芝生広場は幼稚園生や小学生の遠足の子供たちでいっぱい
それは次回のお楽しみだな

それでも特にお気に入りだったのが水場

びびると思ったけど、浅いところは全然平気。
自分から入っていくことも

それでも思ったより深いとびっくりして引き返していました

あらゆることに興味津々なので、楽しかったと思います。

次こそ、海へ連れていくぞー



途中のカラスは、私もびっくりしました


posted by ろーにん at 20:53| Comment(7) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

おけら長屋2

スカイツリー東側から19001.jpg

スカイツリーの写真も久しぶりカメラ
もうあるのが当然になってしまったので、最近は写真も撮りませんダッシュ(走り出すさま)

でも普段とは違う方向から見ると、また違った印象。

こうして見ると、やっぱデカイなぁ目
低く見えますが、隣の黒っぽいビルは31階建て。

今から4、500年前、昔この辺りに住んでいた人は、まさかこんなものが建つとは思ってもみなかったでしょうね。

ということで、ここからそんなに離れてはいない地元が舞台の物語を読み終えました本


おけら長屋20813.jpg


本所おけら長屋(二)

また泣いてしまったもうやだ〜(悲しい顔)
笑って泣いて感動して、いろいろ教えられたり。

前作同様、Amazonのレビューも全く同感決定

面白い小説って一気に読めてしまうんですけど、本当に面白い小説は逆に読み進めたくないって感じるんですね。

だって読んじゃったら終わってしまうからたらーっ(汗)
長編ではそうもいかないかもしれないけど、連作短編ならアリだな。

今作では初っ端の「だいやく」で大笑いし、「あいおい」で夫婦の絆を教えられ、「つじぎり」でおけら長屋の心意気に感動もうやだ〜(悲しい顔)
特に「あいおい」での夫婦喧嘩の締めくくりの台詞は心を打たれましたぴかぴか(新しい)

お節介で賑やかすぎるけど、こんなおけら長屋に住みたいなぁ。
続編でるかなぁ。
あぁ、早く続編を読みたいexclamation×2

posted by ろーにん at 21:37| 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

見つめる男

コタロー、見つめる1415.jpg

実家ではすでに誰よりも長くこの家に居着いている貫禄のコタローも、実は産まれてまだ10ヶ月いい気分(温泉)

あらゆるものに興味津々で、ちょっと変わったものや音がすると、じーっと観察しています目
あわよくば、食ってやろうとか破壊してやろうとかって感じでしょうかレストラン

左は散歩中に、他のワンコの姿が見えたのでロックオン目
右は…何だったんだろう??
私のお腹の上に乗って、ずーっと外を見ていましたパンチ(何だかやたらと長ーく写ってるなぁ)

季節が変われば、見るもの聞こえてくるもの、風が運んでくるニオイまで、すべて新鮮なんでしょうね。
ピュアな心が羨ましい。。

心の荒んだ私は、肉の匂いしか反応しなくなってきた。。
最近食べてないなぁ。。肉。。

posted by ろーにん at 19:04| Comment(9) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

冒険手帳

冒険手帳.jpg

いい加減に暑くなってきたので、扇風機を出しました台風

押し入れから引っ張り出したときに、何冊か束ねられた本を発見本
その中に、この本がありました。

冒険手帳

懐かしいグッド(上向き矢印)
初版は昭和47年。
この本は昭和62年で第214版のようで、結構売れたみたいですね。

中身に目を通していると、懐かしいやら面白いやらわーい(嬉しい顔)
イラストによっては多少グロい表現もありますけど、そこは冒険exclamation
まぁ、冒険というよりキャンプやサバイバルに役立つほんなんですけど。

当時はキャンプやアウトドアに興味があって、車を運転できるようになったら、ぶらっとどこかに行きたいと思っていましたっけ。

ぶらっとどこかに行くのは今に引き継いでいますが...ダッシュ(走り出すさま)

最初に買った本は従弟にあげてしまったので、これは2冊目に買ったものかな。

従弟はその後釣りに興味が出たようですが、この本もきっかけになったとしたら、なんか嬉しいなるんるん

posted by ろーにん at 21:19| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

真昼のアウトロー

GW中に観たDVD。

「真昼の決闘」

「アウトロー」

またまた西部劇どんっ(衝撃)

続きを読む
posted by ろーにん at 23:33| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

男前!?

コタローcutとタンクトップ1405.jpg


実家に行ってきました。
いつも通り、コタローの熱烈歓迎
カットしてから2度目の再会なので、まだちょっと見慣れてません

ひとまわり小さく見えるということは、それほどあのモコモコの毛が密集していたということですねぇ。
首輪も余裕がありますし。
2番目の写真はなかなか渋い男前っぽいと言われました
ほんとは超甘ったれなのに。。

右から2番目の写真は、カットしてもらったお店で撮ってもらった写真カメラ
こどもの日だったので、鯉のぼりもありますねぇ。

それにしてもこんな写真、よく撮れたなぁ。
うちじゃ暴れ回って、絶対こんなポーズはとれません。。ふらふら
まったくもって、外面の良いことパンチ

右の写真は、カットする前に買ったスーパーマンマークのタンクトップ。
夏用に買ったのですが、毛を短くしてから、これもだぶだぶ。。

まぁ、そのうちまた元のもこもこに戻るんですけど

posted by ろーにん at 19:52| ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

キャパ展に行った

キャパ展1405.jpg


恵比寿の東京写真美術館で開催されている「101年目のロバート・キャパ 〜 誰もがボブに憧れた」http://capa101.jp/に行ってきました。

ロバート・キャパといえば戦場カメラマンとして有名で、特にノルマンディ上陸作戦の写真は彼の名を一躍世界的にしました(写真左)。カメラ

でも今回の展覧会は、一人の人間としてのキャパを取り上げています。

もちろん戦場写真も多く、戦地での兵士たちの表情が戦争の悲惨さを物語っています。
また、つかの間のホッとした表情さえもが、あえて戦場の過酷さを伝えている感じがしました。

戦場だけでなく、たとえば戦地からの息子からの手紙を食い入るように読んでいる母親の写真は心を打つ一枚でしたねもうやだ〜(悲しい顔)

戦争以外の写真では、彼の友人たちとの交流の広さに興味をひかれました。

パブロ・ピカソ、アーネスト・ヘミングウェイ、イングリット・バーグマン、ゲーリー・クーパーなどの普段の表情が生き生きととらえられていますぴかぴか(新しい)

特にピカソの写真は印象的。
普通の強面のおっさんが妻子の前でちょっとおどけているような表情は、キャパに対して本当に心を許しているからこその一枚のような気がしますわーい(嬉しい顔)

でも今回で最も心に残ったのは、恋人のゲルダ・タローの写真。
ベッドで寝ている彼女はとても無防備で、あどけなささえ感じる女性黒ハート
実は彼女もカメラマンなのですが、やはり戦地で戦車の衝突の巻き添えになって亡くなってしまいます。
後にキャパも地雷を踏んでこの夜を去るわけですが、戦争の無情さに怒りと哀しみの念を禁じ得ませんね。。もうやだ〜(悲しい顔)

そうそう、キャパは亡くなる間際に日本にも来ていたんですねるんるん

その中の一枚に、私の生まれた町でのスナップがありました。
孫をおんぶしているおじいちゃんの写真いい気分(温泉)
もちろんその当時、私は生まれていませんが、こんなところでもキャパを身近に感じることができました。

イベントは残念ながら明日(5月11日)までなので、ご興味のある方はお早めに。

posted by ろーにん at 20:35| Comment(8) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

いい味だしてるお嬢ちゃん

このご夫婦、またやってらっしゃいました

アナと雪の女王の「とびら開けて」を口パクした有名夫婦!「生まれてはじめて」も口パク動画を公開していた!』

でも相変わらず一番印象に残るのは、後部座席のお嬢ちゃん

マイペース

でもほんと、いいご夫婦です

posted by ろーにん at 22:24| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

サマーカット・コタロー

コタロー床屋後1405.jpg

実家からメールで送られてきました

コタロー・サマーカット・バージョン

ツンツン頭も好評なんですけど、なんかジャックラッセルっぽいというか鋭角的になったというか。
キリッと引き締まったイメージにも見えますが、まぁ、実際は甘ったれ

でも今度会うのが楽しみだー

posted by ろーにん at 00:21| Comment(8) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

まだ子供だからこどもの日

2週間ぶりに、実家のコタローに会いに行きました

耳のカイカイのお医者に連れて行くためでもありますが病院



熱烈歓迎はやっぱり嬉しいなぁ

黙ってカメラを構えているのでじれったそう

まぁ、この後の喜び方のほうが凄まじいんですけど爆弾

コタロー用鯉のぼり5001.jpg

こどもの日ということで、先日買ってあげた鯉のぼり。
まだまだ子供だし。

20cmくらいの超ミニサイズexclamation

コタローのものだけど、見せると速攻で破壊するおバカさんなので、手の(口の?)届かないところに飾ってありますパンチ

カイカイはかなり良くなっていました

あと1週間ほど薬をつけて、それで治る予定。

良かった

明日は毛のカットに行くようで、さて、どんな姿になっているやら...美容院

posted by ろーにん at 00:02| Comment(6) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする