2015年02月26日

「あなたとのキスまでの距離」を観た

レンタル会員の更新で新作が無料だったので(←せこい?)、人気第1位というポップに釣られて借りてきましたCD

あなたとのキスまでの距離

タイトルがベタというか直球というか、似たような題名の小説があったような本
コメディ映画かなと思いつつも、借りて家に帰ったらケースにはしっかりと「ラブストーリー」という文字が黒ハート
リンクを見てみると、宣伝文句はかなり押しが強い印象ですなぁたらーっ(汗)

『年の差を超えて惹かれあう男女――互いに好きなのに、縮まらない二人の距離 ユーザー女子共感必至!切なさ100%の純愛ラブストーリー』

で、観終わって。。

女子共感必至!…にはならないと思いますけどあせあせ(飛び散る汗)
立場に寄るのかな。

こういうストーリーでは、だいたい男が情けなくなるように演出されるものですが、これもそんな印象。
気持ちはわかるんですよ。
家族のために仕事をしてきて、そんな中、諦めていた夢がもうちょっとで手に入るかもしれないというタイミングで、それをわかってくれる誰かが現れたらってムード

おとぎ話のようなサスペンスラブストーリーという感じかな。
まぁ、先日の記事にも書いたように、男女の仲では1000%ありえないと思われることもアリですからね。


さて、今度はもっとわかりやすい映画を借りてこようかな。
というと、またあのシリーズでしょうかわーい(嬉しい顔)

posted by ろーにん at 22:27| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

「僕達急行」を観た

そういえばもう一作品観てたんだったカチンコ
別に映画週間というわけではなくて。

僕達急行 A列車で行こう

数々の映画を撮ってこられた森田芳光監督の遺作となった作品。
まさに急逝でしたねもうやだ〜(悲しい顔)

同世代の二人の鉄道オタクの青年の、仕事や恋の悩みを爽やかに描いたコメディ映画電車
ほんと、爽やかなんですかわいい
主演の二人がいい味出してます。
松山ケンイチくんが鉄道に乗って音楽を聞くのが楽しみな乗り鉄。
瑛太くんは列車に使われている金属などハード面に関するオタク。
…深いな。
たどたどしい演技は演出ですよね、きっとたらーっ(汗)

私も鉄道や車やバイクなど乗り物は好きですが、オタクといえるほど詳しくはなく、どれもそこそこという感じ車(セダン)
でも気持ちはなんとなくわかりますよ。
特に音楽を聞きながら電車に乗るのは普通にやってますしるんるん

そして人生を本当に豊かにしてくれるものが趣味だということもわかっています。
まったく同じではなくとも、共感できる仲間がいたら本当に楽しいでしょうからねぴかぴか(新しい)

車窓に流れる風景と列車の音が旅情を誘います。
田畑や渓谷の中を走るローカル線なんて、ほんとに落ち着きますもんね。

映画内の役名が、すべて鉄道の愛称からとっているのも面白いです。
「こだま」や「こまち」なんて、人の名前っぽいし、案外電車の名前ってそういうのが多いんだなぁって思ったりしてわーい(嬉しい顔)

暖かくなったら、どこかに行きたいな。
本当はコタローと行きたいんだけど、大きすぎて電車じゃ無理だしなぁふらふら
それ以上に暴れるだろうし…どんっ(衝撃)

あ、作品はとても良かったです決定
ほんと、爽やか〜いい気分(温泉)
posted by ろーにん at 23:47| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

「天国は待ってくれる」を観た

またDVDを借りてきましたCD

天国は待ってくれる

1943年の古い作品。
もちろん私は生まれていませんexclamation
戦争、真っ只中じゃないですか。。
そんなときにアメリカはこんな映画を作っていたのですね。
しかもきれいなカラー映像。
…勝てっこありませんどんっ(衝撃)

巨匠エルンスト・ルビッチのロマンチックコメディー黒ハート
その後の小津安二郎やビリー・ワイルダーにも影響を与えた監督さんなんですね。
おしゃれで小粋な作品ですバー

閻魔大王のもとにやってきた一人の老紳士。
裁きを受ける際、彼は自分は当然地獄行きだと言い張ります。
閻魔大王はそんな老紳士に興味を持って、その人生の回想を語らせるのですが、さてその人生とは。
そして最後の審判はどう下されるのでしょう。

セリフの一言一言、ちょっとした仕草や小物が効果的に使われて小憎い演出決定
老紳士の妻への愛情の深さにも胸を打たれますムード
「あの時くしゃみをしていなかったら…」なんて、チャーミングなセリフじゃないですか。
思い出の場所で銀婚式のダンスを踊るシーンが特にいいなぁもうやだ〜(悲しい顔)

たまにはこういう映画で心の洗濯というのもいいかもしれません。

私だって、いつも斬った張ったの時代劇や、「悪魔の〜」とかいうおぞましいエログロ小説ばかり読んでいるわけではないのです爆弾

posted by ろーにん at 23:06| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

UFOと戦う夢を見た

今朝、UFOと戦う夢を見ました。
そして、素手で戦って勝ちました。

くだらん内容なので、どうぞお時間のある方だけ読んでやってくださいダッシュ(走り出すさま)

ufo1502001.jpg


こんなのね。

続きを読む
posted by ろーにん at 22:31| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

ファミリー・リミット・ミリオネア

先日、DVDを借りてきましたカチンコ
久しぶりだー。

「ファミリー・プロット」
「リミットレス」
「ミリオネアドッグ」

続きを読む
posted by ろーにん at 23:08| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

バレンタインツリーの夜と、この男

バレンタインツリー006.jpg

昨日と今夜は、東京スカイツリーではバレンタイン特別ライトアップを行っていますぴかぴか(新しい)
白いツリー。
もともとスカイツリーは白いんですけど、こうしてライトアップされると、見慣れた光景とはまた別の雰囲気になっていいですね決定
真ん中部分が淡く赤く灯って。
これをたくさんのかぽーたちが見上げているのでしょうムード
寒空の下…いや、彼らには寒くないんでしょうが黒ハート

同日、私は実家に行っていました。

続きを読む
posted by ろーにん at 21:34| ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

ホテルローヤルを読んだ

ホテルローヤル」 桜木紫乃

ずっと読みたかったのですが、何だかんだいろんなものを読んだりやったりしているうちに、つい読みそびれていました本
やっと読了。

釧路のラブホテルを舞台にした、男女の機微を連作オムニバス形式で描いた作品黒ハート
全六編の物語は、時間を遡るような形で描かれ、そのどれもが時代時代のこのホテルでの出来事を描いています。

一見、普通に暮らしている誰もが何かしらの心の澱のようなものを抱えて生きている中、たとえ1000%ありえないことも、男女の仲ではそれも限らないことはなんとなくわかっております。
心身ともに求めるのは異性の温もりですしねムード

私的には「えっち屋」、「せんせぇ」、「ギフト」が印象に残りました。
どれもラストが印象的。
「えっち屋」はある意味希望を感じさせ、「せんせぇ」はその後の悲劇を感じさせて涙しそうになりましたし、「ギフト」は不器用な男と女の始まりの物語。
特に「ギフト」ではホテルローヤルの名前の由来はこういうことなんだぁと、ちょっとホッとしたような気にもなったりホテル

決して官能小説ではないので性表現は過激ではないですよ。
作者の桜木さん、これで直木賞をとっただけあって、表現が巧み。
かつてご自身の実家が実際にラブホテルを経営されていただけあって、人間観察や物語の膨らませ方が豊かなのかもしれません。


本当はもう一冊、他の作者さんの時代劇を読んでいたんですけど、これが900ページ近くもあるのでなかなか大変でしたふらふら
物語自体はとても読みやすくて面白いんですけど、その後、同じくらいのボリュームで数冊の続編があるので、とりあえず休み休みゆっくりと読み進めることにします。

posted by ろーにん at 23:27| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

久しぶりに美味しいもの

業平の肉そば114135.jpg

足の小指を骨折してからあまり積極的に歩くことがなかったんですけど、少し良くなったような気がしたので、先日リハビリ(?)がてらにスカイツリーまで歩いてきましたるんるん

写真はソラマチフードコート内で食べた業平の肉そば
海苔の量が半端じゃないですよねたらーっ(汗)
下にはたっぷりの日本蕎麦が隠れています。
温かいつけ汁の味付けは濃い目。
肉はもうちょっと多いほうがいいかなぁ。
でも食べ終わってからのそば湯が美味しいグッド(上向き矢印)
最後にそば湯を飲まなくっちゃ、蕎麦を食った気がしませんもんねわーい(嬉しい顔)

ポンパドールのパン73632.jpg

こちらは帰りに買ったポンパドールのパン。
以前にも記事に書きましたね。
左下のほうれん草のパンは特に美味しかったー決定
しっかりした味付けにほうれん草の苦味が爽やかかわいい
左上のフランスあんパンと右のチーズパンも、カリッと焼いて美味しくいただきましたレストラン

結局この日は3時間ばかり歩いてしまいましたが、さすがに最後は足が疲れてご近所で一休み。
自分の身体は甘やかしたくないので、ベンチに座っていると今までかばっていた足の筋肉が悲鳴を上げそうになっていました。
で、ただ今筋肉痛ふらふら
それでも骨の方はしっかりくっついてきたようですグッド(上向き矢印)
この調子で、美味しいもので足の指も順調に回復だっexclamation

posted by ろーにん at 22:25| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

甘ったれな恵方巻男

今日は節分。
皆様、豆まきや恵方巻など、節分の行事はお済みでしょうか。

私も所用で実家へ行き、恵方巻をいただきましたレストラン

久しぶりに会ったコタローは、こんな感じで恵方巻状態。
コタロー恵方巻001.jpg

びろーんと伸びてます。
今年の吉方に近い角度でしたが、食べられません爆弾
こんなの食べたらお腹壊しちゃいますよふらふら

コタロー恵方巻002.jpg

「恵方巻!? どこどこ??」と、自分が言われてるのも気づかずのんきな男いい気分(温泉)


続きを読む
posted by ろーにん at 21:45| Comment(6) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする