2017年03月03日

おけら長屋(八)と浪人モノ3冊

本所おけら長屋813.jpg

畠山健二著「本所おけら長屋 (八)」を読み終えました📖

今回も笑えて泣ける人情噺😃😞
落語を読んでいるような、軽快なテンポと登場人物に癒され(?)ました♨

毎回さりげないひと言が胸を打つ場面が多くあります。
<我慢して生きるしかない。我慢して生きるしかないのだ。そうやって生きていれば、必ず良いことが訪れる>

<喜怒哀楽を抱えて他人と関わっていく。それが世の中というものではないでしょうか。>

普通の言葉なのに、物語に入っていくに従って、その一言一言がじんわり温かく胸に染みていきます。
いや普通の人間だから、普通の言葉が素直に響くのかもしれません🎵

最後の章はちょっとヤバイ💧
ワンコ好きは大泣きします🐶
私は真っ昼間に読んでしまったので、涙を隠すのに苦労しました💨
まぁ、花粉の季節だからマシだったかも😃
でも最後の一行で救われたというか、幸せとは何かを噛みしめることができました🆗

やっぱりおけら長屋はオススメです‼

続きを読む
posted by ろーにん at 23:23| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする