2016年02月05日

ハッピー・はじまり・デスロード

久しぶりにDVDを借りてきました💿
ほんと、久しぶり。
いろいろあって、映画やら本やらを楽しむ余裕もなかったのですが、そろそろ落ち着いてきたので。

ハッピーエンドが書けるまで

トレーラーが流れるので注意。

ストーカーまがいに別れた女房を待つ作家の父親、夫を捨てて若い男に走って家を出た母親、そんな両親を見て愛に対して徹底的にクールな作家志望の長女、奥手でクラスメイトになかなか話もできない弟。

誰もが愛に対して悩む一家の再生の物語。

素直になるって本当に勇気が要って大変なことですね。
強さも優しさも、素直になれないがために裏返しの言動に走ってしまうことも。
怖かったり臆病になったり、そんな心の内を語り合える関係になれたら、どんなに素晴らしいことでしょう。

そんなことを考えさせられた映画でした。
ワンコの素直さは羨ましいなぁと思ったり。

主演のリリー・コリンズはとてもチャーミングな女優さん💓
笑顔が素敵です😃
まさかジェネシスのフィル・コリンズのお嬢さんだとは@@(禿げてないし…当たり前💥)
お父さん役のグレッグ・キニアは「リトル・ミス・サンシャイン」でもちょっとダメなお父さんになっていましたが、いい味出してます。
お母さん役のジェニファー・コネリー、相変わらず美しですが、ここまで疲れた母親役というのもびっくり❗

BGMもいい曲が多くて、後味のいい作品でした⤴


はじまりのうた

自らも詞や曲を書き、恋人とも楽曲を製作するグレタ(キーラ・ナイトレイ)。
しかし恋人の浮気が発覚して、失意のうちにとあるライブハウスで歌っているところを、落ち目の音楽プロデューサーの目にとまり、ニューヨークの街でゲリラライブを敢行して音楽活動を始めます。
たくさんの仲間に支えられて、再び彼女が輝きを取り戻す姿を描いた作品。

キーラ・ナイトレイといえば「パイレーツ・オブ・カリビアン」の印象が強いんですけど、ここでは本当に普通の女の子の表情が見られます。
何より彼女の生歌が披露され、それが作品の幹になっているんですね。
歌も上手いし声もいい‼
楽曲も素晴らしくて、サントラほしくなるくらいです🎵
トレーラー動画の下に5曲ほど聴けるので、お試しにどうぞ。

音楽はいいですね。
あらゆる場面で、音楽は魔法をかけてくれると思っています。
何気ない日常も、BGMひとつで変わってくるようで。

以上、2本とも、バレンタインデーに恋人と観るのもいいかもしれません。

私もこの映画みたいに、スプリッター(ここでは1本で二人一緒に音楽を聴けるイヤホンコード)で音楽を聴きながらデートしときゃよかった(笑)


マッドマックス 怒りのデスロード

相変わらず180度嗜好が変わります💦
過去3作品観ていますが、3作目の「サンダードーム」があまりにもアレだったので(個人的に)、今作はどうかなぁと思っていたら、先に観た従兄弟が面白かったというので借りてみました。

いやー、ほんと面白かった🆗
面白いというか、何も考えなくていい映画も素晴らしいと思います。
カーチェイスとアクション満載のハラハラドキドキ感が最高❗

あらすじとしては、核戦争後の荒廃した世界で、圧倒的な暴力でガソリンや水を独占する輩から、緑の大地を目指して脱出するというもの。
「マッドマックス2」とストーリーは似ていますね。
でも「2」よりも希望の持てるエンディングも好感色。
CGもそれなりに多いですが、あのアクションをまともにやったらみんな死んじゃうもんなぁ👊

ストレス解消にこういう映画も花丸だと思います‼

posted by ろーにん at 23:31| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする