2016年06月10日

かけがえのない人とEarth to Echo

先日借りてきたDVD、残りの2本🎬

かけがえのない人

「きみに読む物語」のニコラス・スパークス原作の映画化。
設定も同じような感じ。
ニコラス・スパークスにはなんで反応しちゃうんでしょうかねぇ。。💧
「きみ読む」の呪縛からはとっくに開放されたと思ったんだけど。。💨

20年前に別れた恋人との再会と再生を描いた物語。

うーん…全然泣けん⤵
泣くために観たわけでもないし、でもそういう作品だとはあらすじを読んでわかっていましたが。

決して彼が悪いわけではないのですが、まず主演のジェームズ・マースデンがX-MENのサイクロプスにしか見えないんですけど。。
悪い奴らなんか、目からビヤーッって光線を出してやっつけちゃうとか。
…うん、これは私が悪い👊
ラストの20分くらいで結末がわかってしまったのも残念か💣
うん、これも私が悪い👊
本当は主演には故ポール・ウォーカーが内定していたみたいですね。

ストーリーの柱は、美しくてひたむきな人の想いの素晴らしさが描かれています💕
いろんなことを経験した人じゃないと、人生の深さをわかってあげられないですからね。
特に男女の仲は理屈ではなく、ありえないこともあり得えますし…良し悪しということにかかわらず。。💨

"もうひとつのエンディング"もあって、こちらのほうがリアリティがあるかも。
盛り上がりにはかけますが、こちらのほうが好きかな🆗


Earth to Echo

「E.T」と「スタンド・バイ・ミー」を合わせたようなストーリー。
あとは「グーニーズ」とか「X-File」とか。
ありふれてる感はありますが、こういうの嫌いじゃありません。

子供の頃って、どんなことでも謎になって冒険ができましたよね。
大人になったら常識で片付けて、勝手に自分なりの結果に結びつけて、はい、終わりって。

この映画でも、稚拙ながら子供は子供らしい正義感と冒険心と恐怖心と闘いながら、みんなとの友情を深めるために勇気を振り絞って行動していきます。
なので、こういう映画は観る側もピュアな気持ちで観ないと✨

ただ、子供が車を運転するのは興醒め⤵
いかんです💢

でも現代の子供らしく、スマホを絡めた展開は面白いかもしれませんね。
そういうのが当たり前になってるわけだからなぁ。

ド昭和の自分たちが、だんだんついて行けなくなるのでしょうか⁉

posted by ろーにん at 23:37| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする