2016年09月27日

「人生はビギナーズ」を借りてきた

Beginners.jpg

DVDを借りてきました💿

人生はビギナーズ

予告編やDVDジャケットとは違って、とても繊細で静かな時間が流れる映画でした。

末期がんを宣告された75歳の父親が、実はゲイだったとカミングアウト
残された時間を自分に正直に生きていく姿を、何事にも控えめで諦めがちな性格の一人息子の視点で描いていくストーリー。

ユアン・マクレガーの抑えた演技が光ります✨
ほんとにどこにでもいそうな平凡な男。
そしてヒロインのメラニー・ロランがこれまた美しい〜💓(メラニーに関してはいつもこの感想...)
共演のジャック・ラッセル・テリアのアーサーもいい味出していて…はい、このDVDを手にした最初の動機が犬の写真です🐶

それにしてもこの主人公、なんだかいちいち親近感が湧くというか、性格的な傾向が似ているというか、とにかく「わかるなぁ」という反応をしてくれます♨
あ、ちなみに私を含めて、まわりにゲイの人はいません❗たぶん。。💧

アーサーにいろいろ話しかけたり、アーサーの返事なんかも、まるでコタローと喋っているかのようで。
「僕は150もの言葉を聞き取れるんだけど、ひと言も話すことができないんだ」という返しは、まさにワンコ飼いの誰でも実感すると思います。

派手な映画でも、特に深い感動を与えてくれるという作品ではありませんが、いわゆるジワる感じの映画でした。

実はもう1枚DVDを借りてきたんですけど、ハズレたので割愛いたします💣
時間を返せ〜👊


「人生はビギナーズ」予告編

posted by ろーにん at 23:07| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする