2016年09月30日

素浪人モノ2冊

素浪人21609.jpg

ただいま読書病。。📖
また2冊読破。

三匹の浪人」 藤井邦夫

そもそも、私のブログのハンドルネーム「ろーにん」は、以前テレビで放映されていた「三匹が斬る!」の浪人たちの生き方から名付けたわけですが(あれ、以前書いたような気がするんですけど)、この小説は、まさにその「三匹が斬る!」のノベライズといってもいい作品なんです。

天下御免の素浪人。
浪人というのは仕える主がいないわけなので、言ってみれば怖いものがないんですね。
葵の紋の御威光も関係ないわけで。
そういう自由さを大事にしたいという願いで「ろーにん」としたわけです🆗

著者の藤井邦夫さんは脚本家でもあり、この「三匹が斬る!」でも何作もシナリオを書かれていたわけですから。
なので本作も小説というよりト書きのように書かれて、私的にはちょっと読みにくいんですけど、ストーリーはもろにテレビ放送した内容でした。
主人公三人の名前とあだ名を変えてあるだけで、キャラクターもセリフさえも見覚えがありますが、逆にそれが私には懐かしさと、当時の感動を思い起こさせてとても感激しました⤴

ドラマや本作の主題となっている『天空海闊』の言葉。
最近完全に忘れていましたが、この言葉のように生きることが夢なんだなと思い出させてくれました‼
続編、出ないかなぁ。


素浪人稼業」 藤井邦夫

こちらも藤井邦夫作の素浪人モノ。
あ、別に藤井作品のファンというわけではないのですが、素浪人モノが好きなんですね、私💨

「三匹の浪人」とは違って、こちらは江戸の町がメインのお話。

大らかで剣術に優れた男の物語ではありますが、なんだろう、いまいち感情移入しないというか。
素浪人なのに、剣術道場で知り合ったにせよ、とある藩のお偉いさんと懇意になっているのが気に食わないというか。
話の展開も都合が良すぎるような気がしたりして。

こちらはシリーズ物ですが、シリーズ物だと私は別の作家さんのシリーズを読んでいるからなぁ。
こちらのシリーズはもう読まないかも。

さて、現在はまた海外のミステリーに取り組んでいます。
ちょっと前に読んだ本の続編。
これもシリーズ物なんですが、あいかわらず名前やらなんやらが覚えきれなくて悪戦中。
でも面白くなってきました🎵

読書病、いつまで続くのかなぁ。

posted by ろーにん at 23:16| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする