2016年10月05日

「オケ老人!」読了

オケ老人1610.jpg

読書病が続いています📖

荒木源著「オケ老人!」を読み終わりました。

数日前まで「特捜部Q」というデンマーク産ミステリーを読んでいたので、日本の現代劇は読みやすいったらない😃
あっという間に読了してしました🆗

読みさすさもありますが、ストーリーの面白さも輪をかけて軽快に読み進められるというか❗

こういう勘違いで始まるお話はありがちなんですけど、それだけにキャラクターの立たせ方が秀逸。
メインとサブのストーリーの絡ませ具合も、ハラハラドキドキ感が味わえて、なかなかのエンターテインメント作品です✨

私はオーケストラ演奏はサウンドトラック等で聴いたりしますが、クラシック音楽はそれほど造形が深くはありません。
でもクラシックの楽しみ方というか、作曲者がどういう背景でこの曲を作ったかとか、指揮者のイメージング、そして各楽器の演奏者がどういう気持ちで音を奏でているかという勉強にもなるかもしれません。

「音楽は楽しむもの」という考えは全く同感で、それには年齢性別国境なんて関係ありません。
単純に楽しんで、感じて、満たされれば良いものだと思ってます🎵
ジャンルにこだわるのもわかるけど、そんなことしてたらもったいないくらい大きくて深いものですしね。

読んでから検索してみると、なんと、映画化されるんですねぇ🎬
主人公が女性になっていますけど。
しかも公開日が、なんといいますか🎂

こちらも楽しみです⤴



「オケ老人!」予告編。

posted by ろーにん at 23:29| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする