2017年03月18日

神様とか長距離歩きとか週に8日とか

DVDを借りてきました。

神様の思し召し.jpg

神様の思し召し

借りるつもりはなかったんですけど、ふと手に取ったまま、気付かずにレジに行ったらレンタルしていました💣
しかも新作じゃん⤵
ということで、これで面白くなかったら散々だーと思っていましたが。。

面白かったです😃
借りて良かったというか⤴

あらすじはいつもどおりリンクを参照してください💨

思わず笑ってしまうところも多く、キャラが立っているぶんわかりやすさもありました。
エンディングは…それは自分で想像しろということでしょうね。
神様はいるのかな?

このDVDを借りてきたことが、もしかしたら神様の思し召しなのかもしれません。
いや、宗教的な意味ではなく😃

ロングトレイル.jpg

ロング・トレイル

豪華俳優陣を揃えた人生ドラマ。

ロバート・レッドフォードは相変わらずかっこいい⤴
それに比べてニック・ノルティのポンコツぶりが見事(役柄上です)❗

広大なアメリカには、およそ3500kmを踏破するトレッキングコースがあるらしいのですが、コースは整備されていて簡易的なホテルもあり、それなりの時間をかければ踏破できるようなのですが、やはり3500km。
リタイヤする人も多いようで、そんなコースを老いたオジサン二人がチャレンジするわけですからなかなか難しいわけで。

二人は若い頃の悪友で、酒が原因でケンカ別れをしていたのですが、歳を重ねるうちに人生観も変わってそこそこ仲良く歩き始めるのですが。。

人生、いろいろあります。
長く生きていれば、それなりにいろんなことを経験していって、嬉しいことや楽しいこと、悲しことや苦しいことや挫折したり諦めたり、本当に長い道のりですからねぇ✊
二人は無事踏破できるのでしょうか。
ちなみに、私はこのエンディングが好きです。

eight days a week.jpg

Eight Days a Week

私を知っている人なら、まず間違いなく「またビートルズか」と思っていることでしょう💦

ビートルズは約9年間の活動で、ライブ活動を行っていた時間は5年間くらいなんですね。
その様子をドキュメンタリーにした映画🎬

いや〜、ものすごいスケジュール‼
そして観客動員や警備関係の数‼
こりゃ、もうやってらんないなって思いますわ。

ライブチケットを買うために2kmの列が続いたとか(もちろん全員が買えたわけではない)、観客25万人が15kmの長さの歓迎パレードを行ったとか。。
まさに伝説✨

それでもドキュメンタリーとして観ると、彼らはまだ若いにも関わらず、純粋に音楽を追求していたことがわかります。
とにかく曲を作っていたかったんですねぇ🎵
しかも練りに練って、いい作品を作ろうと最大限の努力をして。
4人の仲がとても良いのも印象的。
ジョンがインタビューに答えている最中に、他のメンバーがジョンの頭にタバコの灰を落としていたり💣

そしてラストはアップル・レコードの屋上ライブ、いわゆるルーフトップ・コンサートの映像で終わるのですが、私はこれを観るといつも哀しくて仕方なくなります💧
楽しそうなんですよ、4人の顔が。
でも「これでもう終わりなんだ」っていう悲壮感のような叫びに聞こえたりして。
楽曲も素晴らしいし演奏もうまくなっていて、声も渋さと迫力が格段に良くなっているのに。

なのでライブ活動を続けていた期間よりも、個人的には解散寸前の音楽性が大好きなんです。

あ、これ以上書くと止まらなくなるので、あとはDVDをご覧ください💨

ひとつ面白い事実。
リンゴいわく、ジョンはメカ音痴だったらしいです。
ある時、テープを逆に再生してしまって(当時はオープンリールテープレコーダー。いちいちテープをセットす必要があるアレですね)、それが偶然にもかっこよくて採用されて、名盤リボルバーの「Tomorrow never knows」が生まれたそうです😃

posted by ろーにん at 22:50| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする