2017年08月01日

「海よりもまだ深く」と「ローグワン」

観よう観ようと思っていたのにすっかり忘れていた映画のDVDを借りてきました🎬


海よりもまだ深く

以前観た「歩いても歩いても」同様、昔の歌謡曲の歌詞がタイトル🎵
「歩いても歩いても」はいしだあゆみの「ブルーライト・ヨコハマ」、「海よりもまだ深く」はテレサ・テンの「別れの予感」。
よく聴いてみると、歌謡曲の歌詞は人生経験を重ねた人にはぐーっと響いてきます

是枝監督は家族をテーマにした作品を多く手がけていますね。
この作品もやはりテーマは家族。

あらすじは…リンクをご参照ください。
なんだか身につまされるような感覚に陥るので、書くのが怖いような

何気ない会話の中に、人生でとても大切なことを気づかせてくれる素晴らしい言葉が印象的でした。

「しあわせは何かを諦めないと手にできないもの」
「男はどうして今を愛せないのかねえ。いつまでも失くしたものを追いかけたり、叶わない夢をみたり」
なんかこれだけで頭をぶん殴られた衝撃も

台詞に「アレ」という言葉が多いのもリアル。
「アレをアレして」とか、つい言っちゃいますもんね。

ただ、ちょっとみんな声が小さくて聞き取りづらいような気もしましたが💨

家族の容赦のない刺々しい毒がグサグサきますが、それもどこの家庭でも交わされていること。
出演者の配役も見事でした。

そういえば最近ネットで見たのですが、男は遠くを見るのが得意で、女は近くを見るのが得意らしいです。
なるほどねぇ


ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー

大好きなスター・ウォーズシリーズのスピンオフ作品
エピソード3と4の間、反乱軍が帝国軍の最終兵器デススターの設計図を奪うまでを描いています。

反乱軍と書きましたが、ローグ・ワンの面々は名もなき有志たち。
まさにろーにんじゃないですか!
これは感情移入しないわけにはいかない!?

設定自体が悲壮感漂うものなので、彼らの自らの犠牲を厭わない戦いは感動もの💧
これまでの自分たちの生き方を意味のあるものにするために、孤独な戦場へ赴いていきます。
個よりも仲間や社会や集団を重んじるのって、日本人のほうが好みのような気がしますね。
まぁ、スター・ウォーズ自体が、スピルバーグやジョージ・ルーカス等日本映画をリスペクトしてくれている制作陣が多いわけで。

主役のフェリシティ・ジョーンズは、「インフェルノ」に出ていた子なんですねぇ💓
全然気づかなかった。
癖のある役が多いのは実力が認められている証拠かもしれません。

それにしてもこのシリーズはテーマ曲を聴いただけでワクワクしてきます。
次回作も注目です

posted by ろーにん at 22:37| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする