2017年10月09日

第44回松戸まつりに行ってきた

松戸まつり441710081.jpg

千葉県松戸市で開催された第44回松戸まつりに行ってきました。
年々たくさんの人が集まるようになってきたような感じがします。
思った以上の人出で、商店街の出店が密集しているとことでは歩くのが困難になるほど💦
でも賑やかなのはいいですね😃
市のTwitterによると、開催二日間で314000人の来場者があったとか。
松戸まつり441710082.jpg

駅前の通りでは途切れるまもなくいろんなパフォーマンスが行われていました。
また写真は撮っていませんが、デパートの前では以前ブログにも載せたパン店「Zopf」や「中華蕎麦とみ田」も出店していて大盛況❗
私が行ったときは「とみ田」は売り切れ、「Zopf」はカレーパンの行列ができていたので諦めたほど⤵
「Zopf」のカレーパンは別次元だからなぁ。
松戸まつり441710083.jpg

写真は駅近くにある聖徳大学のブラスバンドのコンサート🎵
おねいさんたちがきれいだから載せたわけじゃありません(滝汗)
松戸市の小中学校の吹奏楽は全国レベルなので、大学も負けてられないですね。
松戸に限らず、東葛地域は全体的にレベルが高いんですよ〜。

秋本番に向かって、これからいろんなお祭りが開催されますね。
いろんな意味で、収穫豊穣の秋でいたいものです。

posted by ろーにん at 00:38| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

江戸川松戸フラワーライン2017秋へ行った

江戸川フラワーライン秋17101.jpg

千葉県松戸市で開催されている「江戸川松戸フラワーライン」に行ってきました

毎年春と秋に開かれますが、行ったのは初めて。
2ヘクタールの河川敷に、たくさんのコスモスが風に揺れて、なかなかのスケール
春はポピー、秋はコスモスが咲き誇っているようで。

ありゃ、正直言って開花状況はいまいちでしたが、今週からもっとたくさんの花が咲くと思われるので、時間があったらまた行きたいと思っています

江戸川フラワーライン秋17102.jpg

左上の写真の隅の女性、きれいだったなぁ
以前もどこかで会ったような気がしています。
やっぱりこうして写真を撮っていたような📷
この後、デパートの前で再び見かけたんですけど、やっぱり思い出せない。。

あ、コスモスを見に来たんですね、私…

土手からはスカイツリーも見え、条件が合えばここからは富士山も見えます。
しかも想像以上に大きく見えるんですよ
写真マニアの中では結構穴場らしく。

江戸川の土手と言えば、葛飾柴又の寅さんが有名ですが、私にとっては千葉県側のこの辺りに思い出が詰まっています。
いろいろあったなぁ。←遠い目。

野良ぬこ1710.jpg

帰りに寄った公園で見かけた野良猫
ずいぶん堂々としていて野性を感じさせるものの、どこか気品がありますな。
ちゃんとした種類の猫かしらん??
ワンコ臭漂う私をじーっと見つめていました

今度の土日は松戸まつりが開かれます。
その後は松戸神社のお祭りかな。

秋はやっぱりいいなぁ

posted by ろーにん at 21:50| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

東京シティビュー

東京シティビュー21709.jpg

先日、ブログでお世話になっている「2代目バセットたまちゃまのコーナー」のさぶにさんとお会いしました。

さぶにさんはいつものように美術展を見学されて、その後に会いました。
大阪から、エネルギッシュだなぁ❗

ご要望があったので、これまでにブログで書いた神田明神と万世橋、そしてこれは私のリクエストで六本木ヒルズの展望台へお付き合いいただきました。
神田明神と万世橋は以前載せたので割愛💨

写真は海抜250メートル・六本木ヒルズ52Fの東京シティビューからの夕景です。
薄暮から夜景へ変わる、一番ドラマチックな時間帯かもしれません。
まわりにはそこそこかぽーの姿が…そしてそれ以上に中国からの観光客が…いや、これが一番多かったような💦

東京で一番高い展望台といえばスカイツリーですが、身も心もすっかり下町に馴染んでいる私からすれば、六本木から眺める夜景はまた特別な別世界👀

東京シティビュー117091.jpg

東京タワーも久しぶりに眺めた感じで、テンション上がりました⤴
真ん中はスカイツリーなのですが、こうして見ると結構離れている印象ですね。

ソースせんべい.jpg

お土産にいただいた大阪名物くいだおれ太郎のソースせんべい。
小さな刷毛がついていて、添付のヘルメスソースを塗って食べます。
甘辛いソースがどこか懐かしくて美味っ。
ビールのつまみにもいいな🎵

続きを読む
posted by ろーにん at 21:44| Comment(7) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

「アルチンボルド展」に行った

arcimboldo201707.jpg

上野の国立西洋美術館で開催されている「アルチンボルド展」に行ってきました🎨

アルチンボルドの作品を最初に見たのは(実物ではなく)、大好きなこのアメリカン・プログレッシブロックバンドのカンサスのレコード・ジャケット(これはCDですけどレコードも持っていますよ〜)💿
タイトルは「MASQUE」(個人的には「Icarus - Borne On The Wings Of Steel(銀翼のイカルス)」と「All (Over) The World」が好き)。
kansas masque.jpg


あまりのインパクトに、凝ったジャケットだなぁと思ったのが最初ですが、まさかそれがアルチンボルドの「水」という作品だとは知る由もなく❗

アルチンボルドはヨーロッパの名家ハプスブルク家の宮廷画家だったんですね。
もちろんこの手の作品ばかりでなく、普通の肖像画や風景画なども書いていたわけですが、自然描写や博物学にも通じる観察力と奇抜な発想力を活かした作品が評価されて一躍有名になったようです。

上記の「水」は「四大元素」という作品の中のひとつで、その他には「大気」「火」「大地」があり、それらと対を成す作品「四季」の「春」「夏」「秋」「冬」で一対になるように描かれました。
「春」と「大気」、「夏」と「火」、「秋」と「大地」、「冬」と「水」ですね。

その他にも上下を逆さまにすると、また違ったものが描かれて見えるトリック絵のような作品やユーモラスに風刺させた絵、ダ・ヴィンチの模写なども展示されていて興味が尽きなかったです⤴

arcimboldo maker.jpg

こちらは入り口に設置してある「アルチンボルド・メーカー」で作った私の顔⁉
設置してあるカメラに自分の顔を認識させて、自動でアルチンボルドのような作品を表示してくれます。

…が、これ、完全に違ってますよ〜💢

緑の葉っぱが髪だとすると、私はこんなにロン毛ではありませんから💣
たぶん、後ろに並んでいた人に反応してしまったような。
残念😠

ただ、このアルチンボルド・メーカーまではチケットがなくても入れるような。。
それでも面白い作品ばかりなので、夏休みにお子様と出かけるのもいいかもしれませんね。

posted by ろーにん at 23:19| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

東武ワールドスクエアへ - 2017

東武ワールドスクエア17061.jpg

スカイツリーも見慣れてしまったため、あまり載せることもなくなったこのブログですが、こうして見るとやっぱりいいなぁと思います…が。
どこか違うんですよねぇ。
真ん中の写真なんか、東京タワーの直ぐ側に❗
ましてや厳島神社の海面にまさかの逆さスカイツリー❗
おまけに手前には姫路城まで‼

はい、栃木県鬼怒川温泉にある東武ワールドスクエアに行ってきました。
お安い券が入ったので、叔母といとこを連れて行きました。
私は以前にも行ってきたことがありますし、ブログにも載せたので、今回はちょっと視点を変えて👀

東武ワールドスクエア17062.jpg

ここは世界中の主な建物のミニチュアが飾られているのですが、よーく見るとミニチュアの人形も楽しいんです。

スカイツリーのソラマチに遠足に来た子供たち一行や、近所の相撲部屋のお相撲さん、コケているサラリーマンもいますねぇ😃
右下はマンハッタンで起きた強盗事件!?

東武ワールドスクエア17063.jpg

ミラノ大聖堂の前で記念撮影をしている人たちの前に突然出てきたのは有名なローマの休日のスクーター??
万里の長城の三蔵法師一行に、日本では水戸黄門と助さん格さん。
右下は進撃の巨人…ではなく、メンテナンス中のスタッフさん💦

久しぶりに行きましたが、なかなか楽しかったです🎵
7月22日には東武電鉄の「東武ワールドスクウェア駅」が開業することのようなので、交通の便も良くなりますね🚄


続きを読む
posted by ろーにん at 22:32| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

「バベルの塔展」に行った

東京都美術館1705001.jpg

先日、東京都美術館で開催されている『ブリューゲル「バベルの塔」展』に行ってきました🎨

バベルの塔展17051.jpg

バベルの塔というと、昔テレビで放映されていたバビル2世を思い出してしまうんですが(古い...?💨)、バベルの塔は旧約聖書に出てくる物語。

天にも届くような塔を建てて神に近づこうとした人間が神の怒りを買い、塔は破壊され、それまで同じ言葉を話していた人々の言葉もばらばらにしてしまったというお話。
うーん、このせいで英語なんて勉強しなくちゃならなくなったんだなぁと、責任転嫁したりして💣

いわゆるこのての絵画は他にもありまして、ブリューゲル自身も何度か描いているようですが、それでもこの「バベルの塔」はマクロな視点の中のミクロが描かれた、まさに神の領域とも思えるほどの作品なんです✨

バベル新聞.jpg

これは美術展のなかで配られていた特別版の新聞で、各ポイントについての見どころを大まかに紹介しています。
絵心のない私はただ大きな塔が描かれているなぁくらいのことしか思わなかったんですけど、見れば見るほど緻密な描写と世界観が満載されているのだと感心しっぱなし
巨大な塔は何年もかかって建てられているため、塔の周りでは作物を栽培し、港まで作られて物資を運んでいることがわかります。
塔の各階には物資を運ぶためのクレーンも作られ、大きな滑車の中に人が入って人力で動かしている様子も。
各階の窓の様式も一定ではなく、それは時間の経過によって様式の形も変化していったことを表しているようです。

一般にバベルの塔は人間の愚かさに対する戒めを語っているものですが、ブリューゲルは人々の生き生きとした協調性を描いているのかもしれません。

ちなみに一番右の写真は、「アキラ」や「幻魔大戦」でおなじみの漫画家・大友克洋さんが描いた想像上のバベルの塔の内部👀
残念ながらこれは展示されていませんが、この新聞を見つけたらもらっておくことをオススメします⤴
また、本物の「バベルの塔」の絵はそれほど大きくないので、東京芸大の協力により描かれた複製や7分間の映像もご覧になるとより楽しめると思います。
特に3DCGで描かれた「バベルの塔」はすごい

館内には見どころの作品をタペストリーのように上から吊るして展示してあったりするので、主な細かい部分を見ることはできますが、「バベルの塔」はもちろん他の作品もお客さんが集まってくると思いますので、単眼鏡などを持っていくと見やすいと思いますよ。

続きを読む
posted by ろーにん at 00:13| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

野々下水辺公園へ

野々下公園17051.jpg
先日、千葉県流山市にある野々下水辺公園に行ってきました。
(写真は別のタブで開くなどして大きくご覧ください)

元は利根川から江戸川下流域へ水を通すための水路で、地域の水道水や大雨などで増水した水を逃がす導水路として造られたようです。
ここからは坂川という支流になるのですが、下流域へ行くにしたがって支流も増え、私が子供の頃から馴染みのあるどこにでもある川というイメージになっています。

ここ野々下水辺公園は坂川の出発点なんですね。
地域のコミュニティ冊子にここのことが書かれていて、一度行ってみたいと思って来てみました🚙

新緑がきれいでゆっくりできる公園です🎵
コタローと一緒ということで、もちろんワンコも🆗
ただし泳がせたり水の中に入れてはダメなようなのでご注意を❗
近頃の公園にあるバーベキューもNGなので、ある意味風も心地よく、自然の香りも楽しめてまったりできます♨

野々下公園17052.jpg
コタローもご満悦🐶
水を飲もうとしましたが、もうちょっとのところで惜しくも届かず😃
しばらく散策した後は、お腹をベッタリと土につけて気持ちよさそうでした⤴

昔からおなじみの場所でも、結構知らないところってあるものですね。
プチ探検旅行にはちょうどいいかも📷



posted by ろーにん at 21:49| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

牡丹のお寺

柏逆井観音寺7041.jpg

千葉県柏市逆井にある観音寺に行ってきました。
以前も紅葉を見に行って記事に載せましたね。
ここは四季折々の自然を感じることができるお寺
写真右は今が盛りの大きなツツジ。
でもここは通称「牡丹のお寺」で有名なんです。

柏逆井観音寺17042.jpg


鮮やかな花がひときわ目をひきます。
牡丹は花が大きいので、背景の緑との対比で一層引き立つようでした

柏逆井観音寺17043.jpg

特に、この白い牡丹がとても印象的
牡丹は赤のイメージが強かったので、それだけに純白の牡丹の美しさには本当に見惚れてしまって

で、花とは関係ないのですが、ここの観音堂の裏のトイレは昔懐かしい汲み取り式のトイレ
もちろん和式でポッカリと穴が空いた便器
窓からはお寺のお墓が見えて、ここで夕闇が迫ってから用を足しに来たら、それはそれはこわーい体験ができそうです

ここには藤棚もあって、この日はまだいまいち咲きそろっていなかったので、もうちょっとしたらまた行ってみようかと思っています。

posted by ろーにん at 20:42| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

あけぼの山農業公園へ

あけぼの山農業公園2017041.jpg

千葉県柏市にある「あけぼの山農業公園」に行ってきました。
ここは以前も何度か行ったことがあって、ブログにも載せたことがあったと思います(写真は新しいタブで開くなどで大きく見られます)。

四季折々の花が楽しめて、農業体験やいろんなイベントも楽しめる公園
今は言わずと知れたチューリップが満開になっています

あけぼの山農業公園2017042.jpg

風車にはやっぱりチューリップが似合いますね。
風車は実際に使われてるのかなぁ??
この日は停まっていましたが。

あけぼの山農業公園2017043.jpg

色とりどりの花が青空に映えてきれいでした

ただ残念ながら、ここはペットの入場は不可
コタローも連れて行きたかったなぁ

posted by ろーにん at 21:06| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

お花見ワンワン

八柱霊園1704.jpg

先日、コタローを連れて花見に行ってきました🐶
以前から何度も行ったことのある都立八柱霊園

秋は紅葉、春は桜、夏は…お化け??で一年中まったりできるところでもあります。
この日も結構な人出でした。

コタロー花見1704.jpg

コタローもご満悦😃
人が多くてちょっとビビっているのかも💦
家では我が物顔なのに、典型的な内弁慶👊
でも天気が良くて暖かくて、人もワンコもゆっくりできました♨

八柱チューリップ17041.jpg

チューリップも発見👀
桜の淡いピンクもいいですが、チューリップの赤も瑞々しくていいですね💠

このあともちろん、コタローは爆睡でした💤

posted by ろーにん at 22:47| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

河津桜三昧

今が盛りということで、河津桜を見に行ってきました
といっても本場の伊豆の河津町ではありません。
例年同様、近場ばかり。

大横川の河津桜1702.jpg

江東区木場公園横を流れる大横川の河津桜。
青空だったので、濃いピンクも映えていました。
以前はメジロも来ていたことがあったなぁ

坂川河津桜17021.jpg

こちらは千葉県松戸市・松戸神社付近の坂川沿いの河津桜。
こちらもお馴染みの桜並木です。
3月11、12日には河津桜まつりがあるようですが、それまでもつかなぁ
朝晩はまだ寒い日が多いから大丈夫かも。

こないだ、地域新聞に坂川の源流をめぐる企画が載っていたので、暖かくなったら行ってみようかと思っています。

坂川河津桜17022.jpg

あ、このワンコは川沿いの家? 店?前につながれていました
しばらく遊んでもらって楽しかったです

続きを読む
posted by ろーにん at 23:31| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

久しぶりの銀座と浅草寺のおみくじ

銀座1702.jpg

「現代女流書100人展」へ行ったついでに、銀座まで足を伸ばしてきました。

銀座へ来たのは本当に久しぶり⤴
大好きな街なんです❤
雰囲気がやっぱりね、特別というか。

それにしてもしばらく来なかったせいで、ずいぶんと変わっているんですねぇ。
こんなビルあったっけ??って浦島太郎状態。
それに(ピークは過ぎたと言いながら)中国からの観光客も多い多い👀
なんで黒いマスクをしている人が多いんだろう。
大気汚染の影響かしらんと思ったり💦

日産クロッシング1702.jpg

一番行きたかったのが、ここ、銀座日産クロッシング🚗
以前は銀座日産ギャラリーとして長く開いていたのですが、新たに改装増築してオープンしたんです。
銀座に来ると、必ず立ち寄っていたなぁ。
新たなギャラリーは、先進的かつオシャレ〜なカフェありという複合施設に生まれ変わった感じ。
何かとっつき辛いぞ😞
それでも展示されていたGT-Rには目を奪われます(写真右)✨
いつかはクラウン…じゃなくてGT-Rだなぁ。
左の写真はコンセプトカー。
運転席は真ん中に一人、後席に二人というデザイン。
車幅もコンパクトで、こういうのもいいなぁ(←小さい車が好き❗)。

続きを読む
posted by ろーにん at 00:00| Comment(5) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

現代女流書100人展へ

現代女流書100人1702.jpg

東京日本橋高島屋で開催されている「現代女流書100人展」へ行ってきました。

「ありゃ、ろーにんさんは書道とかに詳しいの??」とか訊かれそうですが、正直言って、私にはまったくそういう趣味とか造詣はありません。
自慢じゃありませんけど、私はかなりの悪筆💣
(ちなみに我が兄はそれ以上、レベルが違う💣💣💣)
なので書道とかはまったくわからないんですけど、実は今回の書家先生の一人が、私の母の友人なので、それがきっかけで足を運んだ次第です。

現代女流書100人17022.jpg

100人の作家先生の書が展示されていますが、特に印象に残った作品。
まず左から。
「雨」という字が、まさに雲から落ちてきそうですね☔
墨の濃淡やにじみ具合も美しいです。

真ん中の作品、何と書いてあるんでしょうね。
実は「字」ではないんです。
イメージ。
前衛芸術といいましょうか(私なんぞが言うと陳腐ですね💧)。
フィギュアスケート選手の羽生結弦くんを書で表した作品なんですね。
しかもこれ、筆ではなくコロコロ…絨毯とか洋服とかをコロコロしてゴミを取るあれです…で書いてるんです❗❗
すごい発想力❗
それでいて躍動感やスピード感すら感じさせるではないですか。
お見事‼
…はい、この作品の先生が、私の母の友人であります💦
子供の頃に会ったこともあるし、お子さんとも一緒に遊んだことがあるんですよ。
もう◯十年も会っていませんが💨

そして右の書。
「甘酒の わくたのしさも 春の雪」と書かれています。
文字の位置や行間の余白、下揃えの構成も、そして詩の持つ柔らかさも味わいですね♨

書道は小学生の冬休みの書き初めくらいしか縁がありませんが、こうして観るとまさに芸術。
お客さんも思った以上に多く、愛好家の多さにもびっくりでした。
目からウロコだなぁ👀

posted by ろーにん at 20:48| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

松戸神社へ行った

松戸神社17011.jpg

地元の松戸神社へ行ってきました。
もちろん今年初❗
やっぱり地元には行っとかないと。

北風が強くてとても寒い一日でしたが、青空もきれいで気持ち良かった🎵

お参りに来ている方も多くて、お宮参りに来られているお母さんとおばあちゃんの姿も。
さっき生まれたって感じの小さな小さな赤ちゃん❤
すくすく育ってほしいなぁ。

松戸神社17012.jpg

御神水の水はとても柔らかくて美味しくいただけます🆗
ペットボトルに入れている人もいるようで。

それにしてもここには何度も訪れているのですが、本殿の裏に末社として数々の神様が祀られているのにはびっくり👀
先にホームページとか見とけば良かった💦
っていうかホームページがあるのにも気づかなかったり(忘れていた??)。
富士塚や浅間神社や八幡神社、庚申様、お稲荷さんと結構な顔ぶれ。
こりゃ、ご利益ありそうだぞ‼

お近くにお越しの際は、どうぞ♨

posted by ろーにん at 23:53| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

牛久大仏に行った

牛久大仏16121.jpg

今年最後の記事になると思います。
最後らしく、なんとなく縁起が良くなりそうな記事…かな⁉

茨城県牛久市にある牛久大仏に行ってきました🚙
以前から叔母が行きたがっていたので。
牛久大仏のことは知っていましたが、いつでも行けると思っていたので、今まで行かずじまいだったんです。

ところが行ってみてびっくり👀
でかい‼
普段、東京スカイツリーを見慣れているので、それほど大きくは感じないだろうと思っていましたが、実物の迫力はかなりのものでした😵

牛久大仏16122.jpg

左は大仏様の頭部のミニチュア。
実物はこのミニチュアの1000倍の大きさらしい。
…実感がわきませんね💦
真ん中はう◯こではありません💣
これは実物大の大仏様の螺髪(らほつ)。
わかりやすくいうと、パンチパーマのような髪一つぶん。
直径1メートル、重さ200kg❗
世界最大の青銅製の大仏として、ギネスに登録されたようで…そりゃそうですよね😃
完成まで10年かかったそうです。

茨城県(常陸の国)は浄土真宗の開祖親鸞上人所縁の地でもあるらしく、それが縁でここに大仏様が建てられたということらしです。

牛久大仏16123.jpg

大きいでしょう。
わかりにくいですか⁉
写真は別タブで大きく見られますので確認してみてください📷
左の写真の足元に人の姿があるのが見えますでしょうか?
真ん中の写真の足元にも、デート中のかぽーの姿が💕
右の写真は足元から見上げてみました。
文字通り迫力❗❗

ここに来る途中、森のなかから突然大仏様の頭部が見えたときは驚愕‼‼
まさにゴジラ出現の演出でした💥

牛久大仏16124.jpg

大仏様の胎内に入って、エレベーターで85メートルのところにある展望台からの眺め。
おー、高い❗
スカイツリーや富士山方面(真ん中の写真)にも窓があるのですが、残念ながらこの日は霞んでいて見えず⤵
視界が良ければ、右の写真の絵のように見えるようです。

時期によっては数々の花が咲き乱れ、小動物公園もあり、また花火やカウントダウンなどのイベントも開かれているみたいで。

話のネタぐらいにしか思っていませんでしたが、実際行ってみるとかなりの感動がありました。
家を出るときは曇っていたのですが、牛久大仏についた途端に天気が良くなって、これはご利益なのかなぁとありがたく思うことにしました。
謙虚で前向きにならないといけないよっていうことなのかな💨


今年もお付き合いくださって、ありがとうございました
来年もよろしくお願いいたします。

皆様方にとって、より良い年になりますよう、心から祈っております

posted by ろーにん at 22:34| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

青と赤

江戸川土手1612.jpg

先日、天気が良かったので、江戸川の土手へ行ってきました。

外でおにぎりを食おうという、ただそれだけの目的で🍴
太陽が心地よくて、風もなく、ポカポカ陽気だったので、こういう日には外でお弁当というのが最高に気持ちいい♨

写真を見ていただければおわかりかと思いますが、風がないので川面には波も立たず、対岸の木々が鏡面効果のように水に写っています。
ちょうどカヌーが一挺進んできたので、写真をパチリ📷
アプリのエフェクトを使うと、ちょっと幻想的な青い写真になりました🆗

右下はおまけの愛車レッドアロー2号(原付)。
青空と赤のコントラストがお気に入りです🎵

今度は車でコタローを連れてきてあげよう🐶

posted by ろーにん at 23:09| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

水元公園の紅葉に高揚

水元公園1612.jpg

久しぶりに、葛飾区にある水元公園に行ってきました👣

コタローと来たのは、もう何度目だろう🐶
いつもこの場所だから、まるで自分のテリトリーとか思っているかも。

四季折々の味わいを楽しめる水元公園ですが、今回はここならではの紅葉を見に来ました。

水元公園のメタセコイア1612.jpg

メタセコイアという木。

ヒノキ科の針葉樹で、公園内の看板には、最初は化石で見つかって、後に中国で現物が発見されたという木だそうです。
そのメタセコイアが園内に1800本も植えられていて、きれいな紅葉を見られるんです。

メタセコイア16121.jpg

時期的にはちょっと盛りを過ぎた感もありますが、それでもかなりきれい✨
何より、メタセコイアの森の中にいると、本当にここがどこだかわからなくなるような幻想的な雰囲気に包まれます。
太陽光の角度によっては、また違った景色になるかも☀

メタセコイア16122.jpg

風が強かったので、メタセコイアの葉がまるで雪のように舞い落ちてきました🌀
落ちた葉が地面にも敷き積もって、視界全体が紅葉している感じで💠

コタロー、水元公園1612.jpg

もっともコタローはそんなことはお構いなしに、紅葉を楽しむより、自分自身が勝手に高揚しているようで⤴

いつもの広い芝生で走り回って、風が運んでくるニオイをくんくん嗅いで、昼ごはんに私が買ったサンドイッチのパンをちょこっとあげたら土に埋めようとするし。。💣
セコい‼ コタセコイアだっ👊

一年を通じて見どころがある水元公園。
また暖かくなったら行ってみようと思います。



カラスがたくさん。
ちらちらと画面を舞うものが、メタセコイアの落ち葉。
全画面とか最大化とかするとわかりやすいかもです。

posted by ろーにん at 20:32| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

再び、観音寺へ

観音寺16111.jpg

昨年に続いて、また千葉県柏市の観音寺に行ってきました。
昨年も行ったのですが、時期的にちょっと遅くて悔いが残っていたので、今回はちょっと早めに。

ありゃ、今回はちょっと早かったかしらん💦

それでも意外ときれいだったので由とします🆗

観音寺16112.jpg

紅葉にはやっぱり青空が一番☀
空気もきりっとしていて、元気をもらったというか気合が入ったというか。
深まる秋はいいですね〜🎵

posted by ろーにん at 18:16| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

寅さんに会いに

寅さん山田洋次11161.jpg

先日、東京葛飾柴又に行ってきました🎵
行くといっても、もう何度もご近所は通っているわけで、柴又の町も行っていましたが。

今回は柴又帝釈天裏にある「寅さん記念館」と「山田洋次ミュージアム」へ。
こちらに行くのは初めてなので、かなりテンション上がりました⤴

寅さん記念館はもちろん映画「男はつらいよ」の世界を存分に楽しめる施設。
帝釈天参道の寅さんの故郷「くるまや」のセットを中心に、小道具を見たり撮影風景を楽しむことができます。
名シーン回想コーナーなんて、つい笑ってしまうシーンが盛り沢山❗

興味深かったのは、明治大正期に金町柴又間1.5kmを走っていた柴又鉄道🚄
鉄道とはいいますが、電車じゃないんです。
気動車(石炭やディーゼル)でもありません。
何と、人力💡
以前、テレビで観たことがあったのですが、実際と同じサイズの車両が飾ってあったのには驚きでした👀

続いて「山田洋次ミュージアム」。
山田洋次監督と言えば、もう知る人ぞ知る日本を代表する映画監督ですが、これまでの作品について詳しく紹介されています。
実際に使われた映画の台本や撮影秘話なども興味深い🆗
もちろん「男はつらいよ」のコーナーもありますが、山田作品といえば家族をテーマにした作品が多いですね。
人情喜劇や胸を打つ人間ドラマ、時代劇に社会派の作品🎬
どれもが家族や人との絆を描いているからこそ、誰の心にも響くのでしょう。

あ、残念ながらこの2館、個人的な鑑賞のための写真撮影は認められていますが、ブログなどのSNSは認められていないので、写真は控えておきます📷

さて、最後はやはり柴又帝釈天参道から帝釈天へ。
柴又帝釈天11162.jpg

参道は広くはないものの、どこも飾りっ気がなくて庶民的な雰囲気♨
どこか懐かしいというか、浅草とはまた違った江戸情緒が味わえます。
実際ロケが行われた場所でもありますが、まさに映画セットそのもの🎥

柴又帝釈天の正式名称は経栄山題経寺
1629年に開かれた日蓮宗のお寺です。

隣りに付属の幼稚園があるからか、境内は子供たちでいっぱい❗
そういえばここで寅さんが、子供たちとチャンバラごっこやってたなぁ😃
で、渡り廊下のところで御前様に怒られたり💢
鐘つき堂も定番シーンですね。

右の写真は江戸川の土手。
写真右手が千葉県松戸市で、「男はつらいよの」第1回はそこから出ている矢切の渡しから寅さんが柴又へ帰ってくるシーンだったような。
わが街松戸だっ‼



続きを読む
posted by ろーにん at 23:43| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

「あかりパーク2016」に行ってきた

あかりパーク201611031.jpg

11月2日から11月6日まで、上野公園で開催されている「あかりパーク2016」に行ってきました💡

省エネ・創エネをテーマとした、優しい灯りのイベントです✨
省エネは言わずものがなですが、創エネとはエネルギーを新たに創り出すこと。
地球にも環境にも優しいエネルギーは、これからの大きな課題ですからね。

上野公園は桜の名所
そこにまるで桜の花が咲いたかのような淡いピンクのイルミネーションが続きます。
夜桜よりきれいかも。
ちなみに右下は世界遺産にも認定された国立西洋美術館。
こちらも淡いピンクに彩られていました。

並木道や広場にはレーザー光線の演出も。

横に動く光を見て、まわりにいた子供が「UFOだ」と喜んでいました


科学博物館20161103.jpg

こちらは科学博物館。
左右で色が違っているのがわかりますか?
少しずつライトが変化しています。

あかりパーク201611033.jpg

テーマに沿ったオブジェも並んでいました。
さすがに芸術の森上野🎨

あかりパーク201611032.jpg

国立博物館前の噴水がきれいにライトアップされていました。
水の勢いも色もどんどん変わっていって、とても幻想的
国立博物館の建物に、国宝(?)の仏像が大きく映し出されるイベントもありましたが、こちらは上手く写真が取れず、割愛...


噴水はほんとに綺麗でした

お近くの方は、どうぞ足を運んでみてはいかがでしょうか。

posted by ろーにん at 00:13| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする