2017年05月21日

踏んだり蹴ったり

おさがりで使っている東芝のPC、今まで4GBのメモリーで使っていたんですけど、いろいろソフト等を追加しているうちに少々力不足になってきたので、もう4GB足して8GBに増設しました📟

さすがに起動やソフトの立ち上がりが早くなったのですが、先日偶然見たWeb広告で、もしかするとこのPCのバッテリーパックが発火する危険があるかもしれないということで、東芝から確認ソフトを導入して調べたところ、見事?ビンゴ❗

なんじゃい、せっかくメモリー増設したのに👊

まぁ、ACアダプタをつなぎながらなら、バッテリーパックを外しても使えるので大きな問題ではないんですけど。。

新しいバッテリーパックが送られてくるのは3週間から1ヶ月後😖

待つしかないですな♨

メカにリコールはつきものとして、いろいろ確認することは必要かもと勉強しました。

posted by ろーにん at 21:14| PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

野々下水辺公園へ

野々下公園17051.jpg
先日、千葉県流山市にある野々下水辺公園に行ってきました。
(写真は別のタブで開くなどして大きくご覧ください)

元は利根川から江戸川下流域へ水を通すための水路で、地域の水道水や大雨などで増水した水を逃がす導水路として造られたようです。
ここからは坂川という支流になるのですが、下流域へ行くにしたがって支流も増え、私が子供の頃から馴染みのあるどこにでもある川というイメージになっています。

ここ野々下水辺公園は坂川の出発点なんですね。
地域のコミュニティ冊子にここのことが書かれていて、一度行ってみたいと思って来てみました🚙

新緑がきれいでゆっくりできる公園です🎵
コタローと一緒ということで、もちろんワンコも🆗
ただし泳がせたり水の中に入れてはダメなようなのでご注意を❗
近頃の公園にあるバーベキューもNGなので、ある意味風も心地よく、自然の香りも楽しめてまったりできます♨

野々下公園17052.jpg
コタローもご満悦🐶
水を飲もうとしましたが、もうちょっとのところで惜しくも届かず😃
しばらく散策した後は、お腹をベッタリと土につけて気持ちよさそうでした⤴

昔からおなじみの場所でも、結構知らないところってあるものですね。
プチ探検旅行にはちょうどいいかも📷



posted by ろーにん at 21:49| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

SF・アクション・ミステリー


DVDを借りてきました💿

スター・トレック ビヨンド

新シリーズの3作目。

こういうのは本当に何も考えずに楽しむのが一番❗
CGやVFXも迫力満点で、そういう意味では期待通りでした。

今回は序盤でシリーズにはなくてはならない宇宙船エンタープライズ号が撃墜?されるというショッキングな場面があり、物語のメインはとある惑星が舞台となります。
宇宙空間というより地上でのアクションが主になっているので、ハラハラドキドキ感も増しているかも。

このシリーズの良いところは、あまり色恋沙汰を出さないところかなぁ💔
個人的に...💨


特捜部Q -Pからのメッセージ

書籍でもお気に入りの映画シリーズ第3弾。

読後の感想は以前の記事に書きましたが、今回も映像化でより不気味にショッキングな展開になっています👤
原作とはちょっと脚色していますが、そこそこの長編小説ですからね。
やむを得ないというか。

それだけに本を読んだ人のほうがびっくりする展開かも。

犯人は相変わらずのくそったれで残虐ですが、このシリーズに共通する「悪いやつを許さない」という執念はある意味爽快というか心地いというか♨

次回作が楽しみです⤴


インフェルノ

これも原作を読んでいます。

これまでのシリーズは海外の歴史ミステリー的なジャンルの割にはわかりやすかったと思うんですが、今回は冒頭からちょっと印象的な演出がなされているのでちょっとわかりにくいかも。
まぁ、なにせ主人公自身が記憶を失っているのだから当然かな。

人類の数を一気に減らせてしまう病原体をばらまこうとする敵と、それを阻止しようと奔走する主人公たちの戦いがスリリング。
ロケ地もローマ、ベネチア、イスタンブールと叙情豊かな部分も楽しめます。
次第に明らかになっていく謎。
誰が味方で誰が敵か、何が真実で何が嘘か。
そんなハラハラドキドキ感の高まりは、さすがロン・ハワード。

ラスト、原作とは違うかな。
私は原作通りのほうが余韻が残るというか、メッセージ性が高まっていいと思うんですけど、ある意味ショッキングだから変えたのかも。

それにしても作者のストーリーテリングは毎回見事になっていますよ〜。
これも次回作が楽しみ🎵

posted by ろーにん at 00:06| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

膝ブルブルが嫌いな男


床屋さんに行く前に撮ったものです🎬

何かというと膝の上に乗りたがるので、そのままブルブルしたやったら文句ぶーたれでした💢

それでも降りないから困ったもんです👊

コタローのこいのぼり170505.jpg

ついでに、コタローの鯉のぼり。
風車がくるくるよく回っていました。
コタローもくるくる忙しないからなぁ🌀

posted by ろーにん at 21:39| Comment(5) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

牡丹のお寺

柏逆井観音寺7041.jpg

千葉県柏市逆井にある観音寺に行ってきました。
以前も紅葉を見に行って記事に載せましたね。
ここは四季折々の自然を感じることができるお寺
写真右は今が盛りの大きなツツジ。
でもここは通称「牡丹のお寺」で有名なんです。

柏逆井観音寺17042.jpg


鮮やかな花がひときわ目をひきます。
牡丹は花が大きいので、背景の緑との対比で一層引き立つようでした

柏逆井観音寺17043.jpg

特に、この白い牡丹がとても印象的
牡丹は赤のイメージが強かったので、それだけに純白の牡丹の美しさには本当に見惚れてしまって

で、花とは関係ないのですが、ここの観音堂の裏のトイレは昔懐かしい汲み取り式のトイレ
もちろん和式でポッカリと穴が空いた便器
窓からはお寺のお墓が見えて、ここで夕闇が迫ってから用を足しに来たら、それはそれはこわーい体験ができそうです

ここには藤棚もあって、この日はまだいまいち咲きそろっていなかったので、もうちょっとしたらまた行ってみようかと思っています。

posted by ろーにん at 20:42| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

5mmバリカンの男

コタロー、近いっ1.jpg

記事にするのを忘れていましたが、コタロー、床屋さんに行ってきました✂

続きを読む
posted by ろーにん at 00:04| Comment(6) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

好きにならずにいられないと素敵なサプライズ

DVDを借りてきました🎬

好きにならずにいられない

いわゆる外見的にはあんまりイケてない大男が、吹雪の晩に奇跡的に出会った女性に恋に落ちるお話。

主人公は髪の毛も薄く、かなりの巨漢‼
でも(…でもっていう言い方は良くないか...)めちゃくちゃ優しいんですねぇ、この主人公は❤
優しいけど大人しくて寡黙すぎるので、まわりの人たちからは結構誤解されたり仕事でも馬鹿にされたりいじめられたり💧

そんな超シャイな男が偶然の出会いから恋をします。
女性ははじめはそれほど乗り気ではなかったものの、彼の誠実さと優しさに親密になっていくのですが。。

うーん、なかなかうまくいかないものです⤵
彼女は心に傷を抱えて、かなりしんどそう。
うつ気味なのかな。

それでも彼は献身的すぎるほどの優しさと包容力で尽くし、精一杯の献身的な愛情を注ぎます💕が、さて二人はどうなるのでしょうねぇ。

公式ページには、コッポラやウーピー・ゴールドバーグらが大絶賛と書かれていますが、私はちょっと重いんじゃないかなと思ってしまいました。
あ、主人公さんの体重じゃなくて💨
でも本当に優しいんですよー。
その優しさに涙します


素敵なサプライズ -ブリュッセルの奇妙な代理店-」

子供の頃の体験から、人間らしい感情を失った大金持ちの男。
唯一の肉親である母親の死去をきっかけに、この世に何の未練もなくなり自殺を図ろうとするのですが、それはことごとく失敗
しかしひょんなことからあの世への旅立ちを手伝ってくれる代理店の存在を知ります。
もちろん非合法

ところがそこで出会った女性に惹かれ、旅立ちの延期を申し出ますが、契約ではキャンセルは不可能とのこと。
皮肉にも死のうと思った場所で、生きる希望を見つけた主人公たち。
殺し屋たちの追求を逃れ、なんとか落ち着ける場所までたどり着きますが。。

ワクワクするようなストーリーじゃないですか
実際、面白かったです🆗
とってもオシャレなブロックコメディ作品という感じ。

想像していたよりドタバタはありませんでしたが、ストーリーにもどんでん返しがあって、もちろん笑いも😃
殺し屋も楽しい(?)面々で、あっという間に観終わってしまいました。
こういう作品はいいなぁ♨

posted by ろーにん at 23:34| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする