2018年03月10日

松戸坂川河津桜2018

松戸坂川河津桜1803.jpg

先日、千葉県松戸市を流れる坂川の河津桜を見に行ってきました
このところ毎年恒例。

はじめは晴れていたのですが、だんだん曇ってきて焦りました

やっぱり桜は青空の下が似合います

それにしても、桜じゃないけど、花粉が辛くなってきました。。
皆様、頑張って乗り切りましょう

posted by ろーにん at 23:22| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

あるてまうえぽん

お食事中の方は、あとからお読みください。
またはスルーしてね


早朝や深夜、人気のない道をコタローの散歩で歩いていると、たまにこんなときに物取りや追い剥ぎや神隠し(時代劇を読んでいるとこういう言い回しになってしまう)…いや、強盗や通り魔なんかに遭ったらどうしようと思うときがあります

コタローが助けてくれるはずもなく(弱い!レベル0.1)、ここは油断せずにまわりに注意して散歩をするしかないと決意をするのですが、油断しているときに襲われたらどうしようもないとも思います

油断しているとき。。
そう、それはコタローのう○この始末をしているときであります
こんなときに襲われたら完全無防備ですからね。

とはいえ、コタローがう○こする体勢に入っているときにハタと気づきました💡

どうせう○こを拾うのだから、襲ってくる悪者にこれを投げつけてやったらどうだろう。
投げつけるどころか、思い切って顔に塗りたくってやろうかと目の前に突き出してやるのはどうかと

幸か不幸か、コタローのう○この量というか大きさは大人の人間並みなので(レベル99)、たとえ第一弾が外れても千切っては投げ千切っては投げとベレッタ92F(イタリア警察が対マフィアや対テロ用に持たせていた弾倉15発の拳銃)よりも多く放てるのではないか❗と思ったわけです

犬のう○こを投げつけられ、または顔めがけて塗り込んでやろうという人間に怯まない奴はいないでしょう。
これはまさに誰も殺さない平和的な究極兵器、最終兵器…アルテマウエポンではないですか

ちなみにアルテマウエポンとはファイナル・ファンタジー(ゲーム)に出てくる最強武器や隠しボスの名前。

続きを読む
posted by ろーにん at 22:04| Comment(6) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

おけら長屋10を読んだ

本所おけら長屋10.jpg

本所おけら長屋 10」 畠山健二

読了しました📖

毎度のことですが、ええ、泣きましたとも
そして笑いましたとも
下町人情話を読むときは、ある意味こういう覚悟が必要ですから

第二話「あかぎれ」では江戸町人の心意気というか、これもまたある意味覚悟を見せつけられて涙し、第三話「あおおに」では、もうタイトルからして昔話「泣いた赤鬼」を思い出して(もちろんここでは違う話ですが)、こりゃ泣くなぁと思いながら、やっぱり涙しました

そして第四話「もりそば」は完全に落語
オチはなんとなく想像してしまいますが、ここでもおけら長屋のモンスター(?)が活躍して一気に盛り上がります。

発売から間もないですが、早く第11巻が読みたい

そしてついでといってはなんですが。

続きを読む
posted by ろーにん at 23:43| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

海賊・爺さん・モンスター

平昌オリンピックは今日で終了。
冬の五輪での日本のメダル獲得数も過去最高で、どれも感動的な姿を見せてくれました
明日から、テレビは何を観ようかしらん…なんて

それはそうと、この冬、ついに風邪をひいてしまいまして、数日前は高熱で寝込んでいました
まだ完治はしていませんが、熱も下がったのでもう大丈夫でしょう。
とはいえ、昨日調子こいて外出。
挙げ句の果てに軽くぶり返し+花粉症の症状が出てしまいましたが。。←ばか

初河津桜201802.jpg


こちらがそのとき撮った某所の河津桜
春は確実にやってきています。
そして花粉も。。

ということで、こういうときはおうちでDVDでも、というわけではありませんが、DVDを借りてきました💿


続きを読む
posted by ろーにん at 20:06| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

普通の生活、普通の幸せ

銀座ハッピートワイライト.jpg

昨年暮れからちょっとずつ読んでいた本です📖
…遅読だな。。

銀座 千と一の物語』 藤田宜永
トワイライト・シャッフル』 乙川優三郎
Happy Box』 伊坂幸太郎 他

なんだかいろいろなことが立て続けにありまして、ちょうど読み始めたくらいからほとんど心安まる日がない毎日です

どれも固定された主人公がいるわけではない短編集。
まさにストーリーの数だけ人生がある

『銀座 千と一の物語』はモノクロの写真も収められていて、それぞれのお話にリアリティが感じられます。
実在の場所が舞台なのだから当然か🆗
巻末に地図も載っていますよ。
ショートショートだけど、最後にホッとさせてくれる珠玉の作品がちりばめられていました。

『トワイライト・シャッフル』は房総半島の町が舞台。
普通の人たちが抱える問題や心情に優しく光を当てた作品でした。
同じような悩みや喜びを感じる人も多いかもしれません。

『Happy Box』は以前ブログに書いた「Wonderful Story」と同じような企画で編集されたシリーズ。
今回は名前に「幸」がつく作家さんたちの「幸」にまつわるストーリー。
伊坂さんはやっぱりすごい。
小路幸也さんの作品も良かったなぁ。
異彩を放っていたのは、真梨幸子さん。
ホラーです。。めっちゃ怖い

幸せに定義なんてないけど、幸せになりたいなぁ。。

posted by ろーにん at 21:30| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

浅草寺のおみくじ2018

浅草寺1801.jpg

毎年のように行っている正月の浅草寺。
今年はまだ行ってなかったので、なんとか1月中に行ってきました。

相変わらず外国語ばかり聞こえてきて

何はともあれお参りと、恒例のおみくじを引いたわけですが。。

浅草寺のおみくじ1801.jpg

げっ、末吉
なんだか一番地味というか、全然嬉しくない結果
私は毎年「凶」を出したくて行くんですけど。。
いや、浅草寺は「凶」が多いようですし、それなら「凶」を出して、一年の諸悪をさっさと追っ払った方がいいじゃないですかポジティブ

末吉は末に良くなるということなので、末凶よりもいいかなぁ。
末凶なんてないけど💨

スカイツリー1801.jpg

私にとって、スカイツリーは心のふるさと。
良い思い出も嫌な思い出も、この大きな木とともにあるような気がしています

おしまい。
posted by ろーにん at 01:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

生ョ範義展に行った

生ョ範義展1801.jpg

先日、上野の森美術館で開催されている「生ョ範義展(おうらい のりよし)」へ行ってきました🎨
いろいろなメディアに掲載されているので、一度は目にされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
(写真は右クリックで別のタブで開く等で大きくしてみられます。今回は是非大きい画像でご覧ください)

生ョ範義平井和正.jpg

SFマガジンやムー、そして何より角川文庫の平井和正作品の表紙では多くのイラストを手がけていらっしゃいました。

生ョ範義ゴジラ.jpg

ゴジラの映画ポスターはどれも迫力満点

生ョ範義hope.jpg

こちらは煙草の「HOPE」のポスターですね。
写真ではありません。
すべて手書き

生ョ範義sw2.jpg

そして何よりも生ョ範義の名を世界に知らしめたのがこの作品。
「スター・ウォーズ帝国の逆襲」のポスター
右は私が持っている当時のパンフレット。
これだけでテンション上がります

生ョ範義オリジナル.jpg

そのほかたくさんのオリジナル作品も手がけていたようです。
どれもSFチックでドラマを感じさせますね。

生ョ範義下絵.jpg

絵心ゼロの私からすれば、これらの作品をどうやって描いていたか不思議だったのですが、こうして下絵というかデッサンを見るとなるほどと思ってしまいます。
それにしてもやっぱり天才だなぁ

生ョ範義自画像.jpg

こちらは自画像。
迫力のある顔をしていらっしゃいますね
それでいてこの緻密さは本当にすごい

生ョ範義展は今月4日まで(三日!...)、上野の森美術館で開催されています。
わくわくですよ

posted by ろーにん at 21:54| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする